FC2ブログ

挿絵の苦労

 08,2007 15:44
BL小説の人気や楽しさを支えているものの一つが、挿絵であることは間違いないと思うのだけど、挿絵の苦労話とか、あんまり聞く機会がない、ような気がする。

しかし、もとさんから教えていただいた、イラストレーターの小山宗祐さんのHP「■GOD■」には、そんな苦労話がちょこちょこ載っていて面白いのだ(小山さんのHPは「小山宗祐 GOD」で検索してみてください)。もとさん、いつもいつもありがとうございます!

小山さんは、このたび初めて、BL小説の挿絵を担当することになったとかで、それまでまったく知らなかったBL用語や、イラストの決まりごとというか様式美というかを、担当編集にビシビシ指導されたらしい。初めて知ることに感心したり面食らったり、その心境が、時にボヤキっぽい口調で綴られているのだけど、それを読むと、なんというか、失礼を承知でいえば、

…小山さん、男性なのにすごく柔軟性があって素直なヒトだなぁ…

と思うのだ。編集の

「小山さん、男に抱かれた時を想像してみて下さい。そんな顔しますか?しないでしょッ。」

のセリフもすごいが、これに対して

「当初は『む、無茶言わんといてください』と思ったものの、日々聞いているうちになんとなく描ける様な気分になったりするので怖いです」

と語られているのがおかしい。ほかのイラストレーターと編集の間でも、こういうやりとりがあるんだろうなぁ…と、読みながら想像してしまう。

BLの世界を知るために、小山さんは、マンガや小説をしこたま買って勉強したらしいけど、これまで「色っぽい」といえば女性ばかり描いていたことを考えたら、その苦労たるや…察して余りある。そして、そういう「BL、まったく知りまへん」というイラストレーターに、「コレ!」という絵になるよう、あれこれアドバイスしたり、ダメ出ししたりする編集も大変だ。

小山さんは「人生初めて描くエッチシーンがBL」だそうなのだが、そんな苦労の末のイラストが楽しめるのが、こちら。
夜を閉じ込めた館夜を閉じ込めた館
夜光 花 小山 宗祐

竹書房 2007-01-25
売り上げランキング : 1849
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドールハウス職人の岸田は、パーティーで知り合った男・椿から、別荘のドールハウスの制作を依頼される。別荘は車かヘリでしか通えない山中に建っているため、岸田はドールハウス完成まで、そこに住み込むことに。実はその別荘は、岸田が子ども時代に過ごしたことのある場所だった。かつてその別荘で起きた殺人事件を巡り、ある日、事件が起きる。

ストーリーは、椿×岸田の関係と、過去に呼応した殺人事件が、どっちも中途半端になってしまいました――な感じが、惜しい。もっとボリュームを多めにした方がよかったんじゃないかなと。掴みはよかったんだけども。

そしてイラスト、初々しい感じです。「男が切なそうにしている表情」とか「筋肉30%オフ」とか「女性を描くよりも意識して色っぽくした」とか、そんな苦労が偲ばれます。

すでにほかのBL作品での挿絵が決まっているらしく、これから、小山さんの名前をあちこちで見られるようになるかもしれない。なんだか、彼の成長を見守っていきたいような、そんな気持ちなのだった。
関連記事

Tags: 小山宗祐 夜光花 腐女子 エロ

Comment 3

2007.02.08
Thu
22:17

乱菊 #pMXl.iIs

URL

>筋肉30%オフ
ちょっとウケましたですよ!
でも私はあまりナヨナヨした薄っぺらい身体は好きじゃないので、ある程度腹筋とかは割れてて欲しいのですが・・・。
でも友人は鹿乃しうこさんでも筋肉ニクニクで嫌い!と言うておりましたので、なかなか人の感覚とは難しいものよ( ・ω・)
しうこさんくらいなら、だいじょぶですよねぇ。
私はスキですけども。

編集 | 返信 | 
2007.02.09
Fri
00:02

もと #4pDgvQA2

URL

あ、コレの事だったんですね? 楽しんでいただけたようでよかったです。お教えした甲斐もあるってもんですよ(^^)
乱菊さんの鹿乃さんレベルの筋肉もダメという話、ちょっと驚きました!
私はあのガテン系スジ筋ボディが大好きなんで、あのレベルでもだめなら、小山さんが筋肉30%OFFにしなきゃいけなかった理由も分かるなと思います。
個人的には兄貴(あえて兄貴と呼ばせていただこう(笑))の描かれた挿絵は、もうちょっと筋肉あってもいいんじゃない?って思ったんですよね~。15%OFFくらいがよかったような。
キャラ的にマッチョではないけど、ソフトマッチョくらいの肉付きでも許容範囲だったんだけどな。
でも、他所の書評blogで、「筋肉OFFにしてくれてよかった。私はマッチョは苦手なんで・・・」みたいに書かれてて、ああ、やっぱり感覚は人それぞれなんだなぁと思った次第。
兄貴には、次回作も頑張ってほしいですね。
今回は、blogを読んでたせいか、色々初々しい箇所を感じられて、近所のオバチャン的に応援したくなりました(^^;
あのblog読んじゃうと、作風のみならず、彼個人のファンになってしまいましたよ(笑)
いいですよね~、受けっぽくて。<エ!

編集 | 返信 | 
2007.02.09
Fri
15:32

lucinda #-

URL

>乱菊さん
わたしも、筋肉はある方がスキです! しうこさんの絵、まったく平気です。
でも、ダメな人もいるんですねぇ……まこと、人の感覚はさまざまです。

>もとさん
たしかに、兄貴(わたしもそう呼ぼう(笑))のあのイラスト、もう少し筋肉があってもよかったんでは…? という感じでしたね。でも、「それがいい」という人もいる……たくさんの人を満足させる絵は、難しそうです。

>近所のオバチャン的に応援したくなりました
ああ、わたしもそんな気持ちです! 「まあ、ヨカッタワネー!」みたいな。兄貴のあのブログ、女性に好感をもたれそうな雰囲気ですよね。そしてたしかに受けっぽい。ちょっとヘタレた感じが……ウフフ…

編集 | 返信 | 

Latest Posts