FC2ブログ

ヤクザスキームードに思う

 28,2006 23:31
BL作品には本当にさまざまな職業が登場するけど、ヤクザは人気の職業のひとつだと思う。ヤクザが職業なのかと聞かれたら、まあ、その、ナンですけど。

主要キャラのヤクザは、大抵、背が高く筋肉もしっかりある立派な体格をしていて、顔も整っていることが多い。目つきが悪いと描写されていることがあるけど、ま、ヤクザですから。堂々とした押し出しで、男気に溢れ、情も厚い。強引なところや乱暴なところや不遜なところもあるけど、ま、ヤクザですし。当たり前のようにケンカが強い一方で、頭もいい。不幸な過去を背負っている確率も、けっこう高めなんじゃなかろうか。

――いるのか、こんなヤクザ。

いやいや、BLには「こんなヤツはいない」と思うキャラがたくさん出てくるけど、リーマンだろうが警察官だろうが漁師だろうが、大概の職業は、実際にその仕事に就いている人を自分の目で確かめられたり、ドキュメント作品などで知る機会もあると思う。でも、ヤクザは。ヤクザの組織や内情に触れたものや、過去の事件を通してヤクザの実態を描いたものもあるけど、現実生活において、よほど偶然か、よほどのことに関わらない限り、本物のヤクザその人に会うことはないだろう。そういうわけで、わたしはひそかに、ヤクザほど妄想にまみれたキャラはいないんじゃないかと、思っている。

BLでも大活躍のヤクザだけど、男性向けマンガはもちろん、仁侠映画は相変わらず人気だし、Vシネマでもヤクザは引っ張りだこというこの状況を見ると、男性も相当にヤクザに惹かれているとしか思えない。さらにいえば、外国映画や小説にも、マフィアとか黒社会とか、そのスジの人たちはしょっちゅう登場してるし、多分、小説・マンガ・映画その他もろもろの作品においては、世界規模でヤクザ(マフィア・黒社会含む)は憧れられているのだ。なんだ、このヤクザスキーな雰囲気。

ごく少数の伝説の人(清水次郎長とか。古……)のイメージが、老若男女の心をいつまでも掴んで離さないのだろうか――そのイメージでいろんな作品が作られ、それがさらに人々の心をとらえ、新たな作品が作られ――。まるで、スパイラル式にヤクザのカッコいいイメージが作られているようだな。ヤクザスキー・スパイラル。こんな研究者もいらっしゃるようだし、ヤクザスキーな雰囲気は、恐らくこれからも、ずっとずっとずーーーっと続いていくんだろうなぁ……。


<オス決定遺伝子「侠」(OTOKOGI)発見 やはり原型はメス!? (産経新聞)>

生物のオス(精子をつくる性)を決定づける遺伝子を、東京大学大学院理学系研究科の野崎久義助教授らの研究グループが、原始的な緑藻類の仲間で見つけた。「OTOKOGI(侠)」と命名されたこの遺伝子の発見で、生物の性はメスが原型でオスはその派生型であることが示唆されるという。オスとメスの起源に迫る成果で、19日発行の米専門誌「カレント・バイオロジー」に発表した。

精子をつくるオスと卵をつくるメスが存在する卵生殖の生物では、性を決定する遺伝子がいつ、どのように誕生したのかはこれまで謎だった。

野崎助教授らは、神奈川県の津久井湖で採取した新種の藻類のゲノムを解析し、オスだけに現れ精子の核に局在する遺伝子を発見、「OTOKOGI」と名付けた。

生物の生殖は、性差はあっても配偶子の大きさに違いがない同型配偶から、メス型の配偶子がやや大きい異型配偶を経て、大型で運動能力がない卵と小型で運動能力が高い精子をつくる卵生殖へと進化したと考えられている。これまで、同型配偶の単細胞藻類(クラミドモナス)では、一方の性を決める遺伝子が見つかっていたが、それがどちらの性に相当するのかは不明だった。

ゲノム解析の結果、クラミドモナスの性決定遺伝子が「OTOKOGI」の起源であることも分かった。この結果「性の原型はメスで、オスはOTOKOGIのような性決定遺伝子を持つことでメスから派生する」と考えられる。

「OTOKOGI」は野崎助教授が好きな任侠(にんきょう)映画にちなんだ命名。漢字を当てると「侠」の1文字だそうだ。


学会で「OTOKOGI」の名前が連呼されるようになるのかしら。そのうち省略されないように願っておきましょう。

まあ、堅気の職業では設定できないことが、ヤクザなら可能という場合もあるだろうし、多少の無茶も、ヤクザならOKな気もしないでもない。作品の作り手としては、動かしやすいキャラなのかもしれないなぁ……と、これを書きながら思った。

実はわたし、これまでヤクザだという人を見かけたことがあるのだけど、小太りのオッサンだったし、明らかにガラも悪かったし、あんまりよいイメージがない。その記憶が、ヤクザスキーな雰囲気に、微妙に抵抗しているのかしら。

先日、vivian先輩は電車の中でヤクザらしき人に遭遇したらしいのだが、混んでいる車内でケイタイでやりとりしていたらしく、その内容もカナワがどうの、オンナがどうの、店がどうのという、なんだか物騒な内容だったらしい。「カナワってなんですかね」と聞いたら「手錠よ手錠」と、先輩は即座に答えてくれた。さすがヤクザスキー。「でもあの人は、ちょっとカッコよくなかった。アタマ悪そうだったし、チンピラって感じ?」と、不満そうだったけど、ま、現実はそんなもんでしょうよ。

ヤクザスキームードに抵抗感を示しつつも、ヤクザが登場するBL作品は、いつのまにかフツーに読んでいるわたし。vivian先輩から、いくつかヤクザものも借りたし、そのうちヤクザ特集でもしようかと思っている。結局、面白ければいいってことじゃん、わたし。というか、気づかないうちに、ヤクザスキーになりつつあるんじゃないのか――?

仁侠映画にはオチなかったのに……恐るべし、BL。
関連記事

Tags: 警検麻ヤ 腐女子 男という生き物

Comment 5

2006.12.29
Fri
04:55

 #-

URL

初めまして♪

始めまして、黎と申します。
aya-meさんのところから飛んできました~☆
ヤクザ物、良いですよねvv大好きですvv
攻めのカッコいい所、男らしいところなんか、普通のBLよりも雰囲気あっていいしvv
また遊びに来させていただきます。
。。。乱文を失礼いたしました((汗
よければうちにも遊びに来てくださいねvv

編集 | 返信 | 
2006.12.29
Fri
10:32

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます。
自分では、まだヤクザスキーではないつもりなんですが……。
しかしたしかに、BLのヤクザはステキな人が多いですよね。
これがクセモノですね、まったく。
また遊びに行かせていただきますね。

編集 | 返信 | 
2006.12.29
Fri
22:51

もと #4pDgvQA2

URL

リアルヤクザ、微妙に身近にいたなぁ。
中学の頃、卒業と同時にヤクザになった同級生がいたんだけど、実は私、それ以前に彼に告られた事があったんですよ(^^; 断りましたが。
OKしてたらどうなってたんだろうか?って、ふと思ったりします(^^;
割と近所のチンピラな兄弟が覚せい剤で捕まったとか、比較的近くにそういう人がいたし、今、娘の同級生のお父さんがそうらしいですよ。
顔は見たことないんだけど(だって、何度も”別荘”に行かれてるので(^^;)その子の顔から想像するに、結構イケメンな人なのではないかと思われます。
ちびっとBL的ヤクザかな? って、子供3人もいて、BLもないか!(笑)

編集 | 返信 | 
2006.12.30
Sat
01:52

うがけー #VWFaYlLU

URL

またもお邪魔します;
先日チンピラだとは思いますが超オトコマエの角刈り&白スーツ&セカンドバック&ロレックス&喜平チェーンの御仁を見ました(笑)

創作のヤクザにあこがれて自分も入っていくヤクザが多いのも
何年変わってもヤクザが減らない一つの理由なんだと思います。
先日組長を狙撃したあとにその墓の前で自殺した
ヤクザのニュースが有りましたが、
それだけ男惚れできる男もいるのかもしれませんね…。

編集 | 返信 | 
2006.12.31
Sun
01:31

lucinda #-

URL

>もとさん
>OKしてたらどうなってたんだろうか?って、ふと思ったり
きっと、姐さんですね。しかし、卒業と同時にヤクザってのも、すごい話ですねぇ。ドラマみたいだ。
イケメンのヤクザ……いえ、いるとわかると、小説やマンガを読んでいても、「……いるわけない!」と、激しく突っ込まずに済むような気がします。ゲンキンだ。同級生のお父さん、顔も気になるけど、”別荘”も気になります。

>うがけーさん
ああ、うがけーさんも、オトコマエなそのスジの方をご覧になったんですね。白スーツってのが……一瞬、亡き仰木監督が頭に思い浮かびました。監督は違うったら!

>創作のヤクザにあこがれて自分も入っていくヤクザが多いのも
まさに、そうだと思います。ヤクザスキー・スパイラルの一環というかなんというか。自殺したヤクザのニュースは知りませんでしたが、本当にマンガやドラマの世界みたいですよね。男惚れ……匂う…匂います……。

編集 | 返信 | 

Latest Posts