FC2ブログ

商業BLの未来はどっちだ

 11,2017 15:27
先日、オタクコンテンツは好きだけど腐女子ではない、という知人二人と、別々に会う機会があった。


オタクコンテンツ好きの非腐女子、ということは、つまりは女子オタクってことですかね? ただ、オタクと呼べるほどには、ディープにコンテンツにのめりこんでいないような印象。


それはともかく、知人たちは、腐女子ではないものの、BLややおいに嫌悪感や拒絶感はなく、ただ単にそういったものに興味や萌えを感じない、ということだそうで、話の流れでBLの話もしていたのだけど、


「BLは今、すごく盛り上がってるじゃない? 本も相変わらずいっぱい出版されてるし」


と、二人ともが言ったのには、一瞬、言葉に詰まってしまった。


――そんなにBL、盛り上がってましたっけ?


商業BL作品は出版点数は明らかに減っているし、特にBL小説は新人作家をあまり見かけないし、二次創作や出版物以外の分野はともかく、個人的にはBLは先細りしているようにしか感じられない。


でも、この記事を読んで、なるほど、テレビでこれだけBLや腐女子が取り上げられていれば、「BLは盛り上がってるなぁ!」と感じられるのかもしれない、と思ったのだった。


テレビバラエティーに取り上げられるBLと世間の反応

芸能人とバラエティー番組のBL取り上げ歴史をみてみよう

最近テレビでBLの話題が飛び交うような内容が増えて来たように思います。
今回、そういったTV番組のなかでちるちるが取り挙げた記事を辿ってまとめてみました。
ダイジェストにして振り返ってみたのですが、急激な世間の認識の変化が感じられます…

www.chil-chil.net




それにしても、どの番組のことも全然知らなかった! 最後の福山さんのは、ラジオでBLのシナリオを募集したことは知っていたけど、テレビでもそんな話をしていたのか。NHKのBL特集は見たかったな。


先にも書いたように、二次ジャンルなどオリジナル商業作品以外では、BLは“盛り上がっている”といえるのかもしれない。


だけどわたしとしては、オリジナル商業BLで、心を打たれるような、胸がキューンとするような、頭がシビれるような、作品をもっと読みたいのだ――特に小説で


現状は、結構厳しいと思わざるを得ないけど――特に小説は(単に今売られている作品が、わたしの好みから外れているだけ、ともいえるけど)


ただ、リンク先の記事の最後の一文のように、テレビなどのメディアやタレントがBLに対して好意的に発信することで、商業BL作品の活気に繋がるならいいなぁと思っている。


先日のJガーデン、わたしはお手伝いで入ったのだけど、


「今回は、前に比べて若い子が多い気がします」


というアヤさんの言葉に、ホント!? (ガタッ と身を乗り出して、改めて会場の人たちを眺めた。


――言われてみればそんなような……うーん……。けどきっと、若い子たちはマンガを買うんだよね。小説じゃないよね……。


なんだかモンゴメリやオルコットの小説に出てきそうな、ペシミスティックなオールドミスみたいだな、アタシ――。
関連記事

Tags: 腐女子

Comment 0

Latest Posts