スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特典映像は大画面でみんなで見ると楽しい

 19,2017 23:02
『ユーリ!!! on ICE』のBD/DVD最終巻には、ユリオのエキシビジョンが収録されていると知ったのは、4月だったっけか……。


そのエキシビジョンをみんなで、そして大画面で鑑賞しよう! という計画に参加させてもらって、先日、銀座まで行ってきた。


「エキシ鑑賞に、ビッグエコーのデュアルモニタールームを予約しました!」


と、わよしさんから連絡があったのが、ほぼ1ヵ月前。まだBD/DVDも発売されていないうちから早々に部屋を押えてしまったあたりに、わたしたちの期待が窺えるってものでしょう。


「BDを大画面で見る」ということを、単に大画面テレビのようなモニターで見る、というくらいしかイメージしていなかったわたしだったのだけど、鑑賞当日、モニターどころか、壁2面にデカデカと映し出される勇利やヴィクトル、ユリオに度肝を抜かれた。そうか、“デュアルモニター”って、そういうことなのね――!


「カラオケで○○のDVDを大画面で見よう」という会話は、時々耳にしていたけど、実際に目にしたことがなかった。そうかそうか、こういうことか――カラオケ、すごい! というか、それを知っていて積極的に利用しているみなさん、すごい!


170619a.jpg
ちょっとわかりづらいけど、壁2面に映像が映し出されています


個人的には珍しくDVDを購入していたため、この日までにユリオのエキシビションの内容は知っていた。が、みんなでああだこうだ話しながら見るのは、改めて新鮮な気持ちで楽しめるのがよい。


特にわたしも仰天したところで、初めて見る人たちもビックリして叫ぶという、素晴らしい反応を見られたのは、超満足。ええ、オタベックがユリオの手袋を外すシーンね! 普通に手で外すだけじゃなくて、口でくわえて外すところね!


ユリオのエキシビション映像は、予告映像を見た時から、何かタダゴトではない演出を想像させられてワクワクしていた。でも、いやぁ……わたしの想像なんざ、数万フィートも超えていたよね……!


「このエキシの振り付け映像が見たい!」というアヤさんのリクエストに応え、すぐさま振り付け映像をチェック。しかしこれはこれで、生身の賢二先生が滑る迫力や、時々見せる照れた表情など、それならではの面白さがあって、一同見入ってしまったのだった。


エキシビジョン映像までに、改めて後半3話も見直し、


「“友達になるのか、ならないのか”どころか、“友達になろう”って、改めて言ったことないよね」

「え、私あるよ……?」


とか、


「“翼の折れたJJ”って、自分で言っちゃうとこがなぁ……」

「ユリオ、本当にガラが悪い~! でもカワイイよね」

「オタベックのモノローグは、ユリオに向けて言ってるのかな」

「でもユリオのモノローグは勇利のことばかりっていうのが、もうね」

「ミケーレの演技、もっと見たかったなぁ」


とかとか、好き放題ツッコミしつつ、しゃべりまくってきた。ああ、楽しい!


かずみさん提供のメディアはBDだったので、大画面に映し出されても非常に美しく――自宅のテレビで見ていた時には見逃していたものに気付いたこともあって、BDの威力も存分に思い知った。ありがたや。


大画面鑑賞、また機会があればぜひ参加したい。
関連記事

Tags: 腐女子 腐友 オフ ユーリ!!!onICE

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。