スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶。そして 「11月&12月に読んだ本」

 14,2016 23:20
年が明けたというのに、ブログの更新が(相変わらず)ままならずにどうしたものかと思っていましたが、なんとか小正月、あるいは旧・成人の日に間に合った――!


というわけで、


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


なかなか捗らない更新ですが、まったり細々と続けてまいりますので、気が向かれた時や、御用とお急ぎではない時、なにとぞ覗いてみてやってください。


では年明け最初のエントリは、“更新できずにモヤモヤ”していたネタのひとつ、“先月の読書メーターまとめ”から。


いえ、正しくは、先月に先々月分(11月)を発表できずにいたので、まずは“先々月”の分からご紹介。


2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3090ページ
ナイス数:49ナイス
http://bookmeter.com/u/133212/matome?invite_id=133212

■うちの神様にはがっかりだ! (キャラコミックス)
原作付きだけど、ちゃんとユギさんの作品になっているのはさすが。指輪の付喪神が嬉しそうに笑うところ、あまりに可愛くてジーンときました。こういうのはマンガだから味わえる気持ちだなぁ…。上司のお話も好き。
読了日:11月6日 著者:佐々木禎子,山田ユギ
http://bookmeter.com/cmt/51635867

■BARBARITIES Ⅰ (ビーボーイコミックスデラックス)
以前読んだ時に絵が苦手だと思ってたんだけど、今回久しぶりに読んで、苦手意識はどこへやら。楽しく読みました。従者がいい味を出していてステキ。奴隷だったジルも、何か黒いことを考えてそうだなー。続きが待ち遠しい。
読了日:11月6日 著者:鈴木ツタ
http://bookmeter.com/cmt/51635878

■嘘つきと弱虫 (ディアプラス文庫)
いろいろと想像させられる、良いタイトルだなぁと思う。が、内容はほのぼのしていて、読み終わったらほっこりしました。コスプレ辺りから、なんつーか、軽くトンチキ臭が漂うような…それもまたよし。
読了日:11月6日 著者:久我有加
http://bookmeter.com/cmt/51635884

■虎穴ダイニング2 (Canna Comics)
2巻が出てる!と買ったのだけど、前巻のこと、いろいろ忘れてました。アカルって、ホストだったっけ?(^_^;) ほのぼの加減は相変わらず。ほのぼのすぎて、イチャイチャはマイルドかも。日向さんがお化けを怖がるの、可愛かったな。
読了日:11月7日 著者:元ハルヒラ
http://bookmeter.com/cmt/51891530

■SUPER NATURAL (Canna Comics)
これ、好き。主人公二人の気持ちが丁寧に描かれていて、何度も読み返したくなります。二人の上京後のお話も連載されるらしく、楽しみだなぁ!
読了日:11月7日 著者:絵津鼓
http://bookmeter.com/cmt/51891749

■さよなら一顆 (ディアプラス文庫)
安定の一穂作品。読後感も悪くないのだけど、矢神が待ち伏せされたり尾行されたりしていたのは、親権放棄で全て解決ってことなんだろか?? …というところが妙に気になってなんだかストンと腹に落ちない。超個人的だけど、そこが残念かなぁ…。あとは矢神の親友、もっと登場してほしかった。でもそれ以外は読んで満足。座波のチャラさ、いるよねぇこういう人、と苦笑。そんな座波が徐々に矢神にのめり込んでいく様は、読んでいてワクワクしました。矢神の、後輩を上司のアルハラから救ったシーン、後輩じゃなくてもウットリします。きっと。
読了日:11月7日 著者:一穂ミチ
http://bookmeter.com/cmt/51900276

■ラストフライデイ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
先週読んだ絵津鼓さんの作品があまりにもこころにヒットしたので、この作品を書店で見つけて早速購入。とても可愛い作品。ちょっと重く苦しい感情を、さらっと描かれているのが素晴らしい。たくみが「レディファーストする方がいい」と真剣な顔で欣也に言うシーン、フキました。チーママのゆりが腐女子という設定、井上佐藤先生の作品を思い出した。きっと仕事の疲れを、BLで癒してるのね、ゆりさん…。
読了日:11月14日 著者:絵津鼓
http://bookmeter.com/cmt/51900476

■フェイス (バンブーコミックス 麗人セレクション)
なんだか読み足りなーい!という感じ。特に「フェイス」。そこで終わるのかー……。男臭い雰囲気でよかったんだけどなー。結局ナーナは本当に留学に来たのかどうなのか、気になる…。「愛はない」はリバでした。うっかりしてると見過ごしそうなほど、ちゃちゃっとしたリバってでした。おじの愛が深くて、ちょっと泣ける。
読了日:11月15日 著者:西田東
http://bookmeter.com/cmt/51900685

■今夜ぼくはシェフのもの (幻冬舎ルチル文庫)
ヘルシンキ…とうとうBLの舞台に…と妙な感慨に浸りながら読みました。素直でまっすぐな受けだけど、ちょっと臆病すぎてもどかしかったかな。攻めにそれ、伝えなきゃ!などと内心ゲキを飛ばしてました。サンタさんへの手紙のくだりは、ちょっとジーンときたかな。
読了日:11月15日 著者:安曇ひかる
http://bookmeter.com/cmt/52159710

■応天の門 3 (BUNCH COMICS)
読了日:11月22日 著者:灰原薬
http://bookmeter.com/b/4107718107

■応天の門 4 (BUNCH COMICS)
読了日:11月22日 著者:灰原薬
http://bookmeter.com/b/4107718468

■デンパ男とオトメ野郎 (B-PRINCE文庫)
内容紹介を読んでちょっと興味をそそられて読んでみた。なんというか、刑事が主人公の作品は、大雑把にシリアス路線とライト路線があると思うんだけど、これは完全に後者だった。ないわ~と思いつつ、でもテンポよく読め、楽しめました。続きあるのね…多分読む。
読了日:11月22日 著者:井上ハルヲ
http://bookmeter.com/cmt/52373731

■STAY: DEADLOCK番外編1 (キャラ文庫)
DEADLOCKのファンなので、その後の彼らを読めるのはとても嬉しい。マンガも入っていて楽しめるし。けど、「初出一覧」を見ると、ちょっと複雑な気持ちを、感じないでもありません……。
読了日:11月29日 著者:英田サキ
http://bookmeter.com/cmt/52257980

■きのう何食べた? 通常版(11) (モーニング KC)
二人の夫婦感がより一層…(微笑)。ジルベールやみちるさんに敗北感を感じるシロさんに笑っちゃいました。
読了日:11月30日 著者:よしながふみ
http://bookmeter.com/cmt/52257967


▼読書メーター
http://bookmeter.com/



14冊。
そこそこなんじゃなかろうか。 つか、わたしったら、書籍表紙のサムネイル付きで保存していたつもりだったのに、テキストだけしか保存していなかったのね。


11月は、なんといっても『SUPER NATURAL』(絵津鼓)だなぁ……! 自分のことをノンケだと疑っていないけど、でもアイツは気になる――という気持ちの揺れや、その後の移り変わりが、あっさりとした描きぶりで端的に描かれていたと思います。素敵。


『さよなら一顆』(一穂ミチ)、『うちの神様にはがっかりだ! 』(山田ユギ)も印象深い。というか、個人的には、『うちの神様にはがっかりだ! 』は、佐々木禎子先生の原作があるにも関わらず、ユギ先生らしさを久々に堪能した気分になりました。


『今夜ぼくはシェフのもの』(安曇ひかる)は、フィンランドが舞台のひとつということで、テンションアップ。


以前、鈴木ツタ先生の作品を読んで、「うーん……なんとなく合わない……」と思ったのに、『BARBARITIES Ⅰ』は、非常に楽しく読めたのであります。作家先生が……というよりはきっと、わたしの好みのレンジが広くなったに違いない。


さて、実は先月(12月)の読メ登録が、頭を抱えて泣き笑いしたくなるほどの寂しさで……。


2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1090ページ
ナイス数:24ナイス
http://bookmeter.com/u/133212/matome?invite_id=133212

■聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)
読了日:12月5日 著者:中村光
http://bookmeter.com/b/4063885321

■素直じゃないにもほどがある (角川ルビー文庫)
読了日:12月13日 著者:成宮ゆり
http://bookmeter.com/b/4041000882

■そんな恋にハマるか! (角川ルビー文庫)
読了日:12月14日 著者:成宮ゆり
http://bookmeter.com/b/404100151X

■瞑き流れ~アドリアン・イングリッシュ5~ (モノクローム・ロマンス文庫)
読了日:12月26日 著者:ジョシュ・ラニヨン
http://bookmeter.com/b/4403560237


▼読書メーター
http://bookmeter.com/



4冊ですってよ!?


『素直じゃないにもほどがある』『そんな恋にハマるか!』は、貸していたものが戻ってきたので、再読した次第。再読しても、やっぱり楽しく読めるし、ダイスキだよ!


『瞑き流れ~アドリアン・イングリッシュ5~ 』(ジョシュ・ラニヨン)は、待ちに待った最終巻。こちら、翻訳者の冬斗亜紀さんと三浦しをんさんのトークイベントを堪能した後に読んだので


「あー、あの時しをんさんが話されていたのは、こういうことか!」


とか


「冬斗さんが話されていた、あのエピソードを思い出すなぁ……」


とか、いろいろ思い出されて、いつも以上にニヤニヤしながら読みました。


――うん、2015年の締めくくりに読んだのがM/M小説なら、2016年に最初に読み終わったのも、M/M小説で、今年も海の向こうの濃ゆく熱い物語を楽しみにしたい……と思った次第。


もちろんBL作品含め、楽しんだ作品については、なるべくレビューをまとめるようにしたいなぁ、と思っています。


昨年、やりたくてもやれずにいたことも、今年こそはできるといいな。


良い一年となりますように……!

関連記事

Tags: 読メまとめ

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。