スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンあれこれ

 08,2015 23:55
美男美女の基準は時代とともに変わっていくとはいうけれど、ここ10年くらいは、なんとなく中性的な外見や雰囲気が人気なのかなぁ、と個人的には思います。


特に男性は、その傾向が強い気がする……と思っていたら、こんな記事がありました。


世界のイケメンモデルが大集合して各国のカッコイイ男性像の違いを知る (Gigazine)



記事には、アメリカ、メキシコ、ブラジル、南アフリカ、ナイジェリア、トルコ、イタリア、イギリス、韓国、フィリピンについて解説されているのだけど、ビデオには他に、インドとオーストラリアが入っています。


フィリピンのコ、カワイイなぁ……メキシコのキミは髪型が似合ってないんじゃ……韓国のメイクにはちょっとビビった――じゃなくて、いやいや、各国のナウ&トレンドな“イケメン基準”、それぞれ違いがあって興味深いですね。


理想の男性像として、スポーツ選手や歌手が挙げられているのは、世界どこでも同じなのね。目立つし、カッコよく見えるもんね。アメリカの「木こり ※ただしセクシーに限る!」 は一瞬、何をこじらせたのかと、吹き出しちゃったじゃないか! 


まあ、朴訥というか、ラフな感じでヒゲをたくわえているけど清潔感のあるセクシーな男性、ということみたいですね。そのうち「セクシー木こりカレンダー」が出るに違いない。


意外だったのはトルコ。「脱毛」が注目を集めているとは! ブラジルや南アフリカといった、有色人種の割合の方が多い国で、より白人っぽい見かけの方がイケメンとみなされているのも、そういうものなのかぁ……という感じです。


“男らしさ”をイケメン要素として挙げられているところがちらほらあって、その“男らしい”って具体的にどういうことよ? と気になるも、全体的には確かに、マッチョ傾向が薄まりつつあるのかも。グルーミングとか、化粧とか、整形とかね。


ま、顔の造作はもちろん重要だけど、多分ほとんどの人はそれだけで、イケメンか否かを判断してはいないだろうと思います。体格とか小ぎれいさとか、振る舞いとか表情とか、あるじゃん! “雰囲気イケメン”って言葉もあるじゃん!?


――と思うわたしが、「ああー、なんかわかるわー」と思ったのが、この記事。


「イケメン」ってどんな人だと思う? - 男女で人物像に差 (マイナビニュース)


まず「あなたが思うイケメンの外見上の条件を教えてください」と質問したところ、男性は「顔のパーツバランスがいい」や「小顔」といった"顔の良さ"をイケメンの条件とするのに対し、女性は「顔のパーツバランスがいい」が高いポイントを示す一方で、清潔感や身長、笑顔、髪型等、より"全体的なバランスの良さ"を重視していることがわかった。(抜粋)



「アイツがイケメンって言われるのがよくわからんわ」
「いやいや、なんか感じいいし、オシャレだし笑顔もステキだし」
「笑顔っていうけど、笑ってなかったらそんなにカッコよく見えないだろ」
「そりゃ、すごく整った顔立ちではないかもしれないけど、やっぱりカッコいいってば」


――というような、男性との噛み合わない会話のモトだよね、抜粋した認識の違いって。


20~34歳までの男女それぞれが考えるイケメン像について、「男性の考えるイケメンは、若々しさをまとった少年のような男性である一方、女性の考えるイケメンは、人生を経験して少したくましさを持った大人の男性である」と調査ではまとめている。(抜粋)



これも納得です。ま、男性が考える“イケメン像”とは、そのまま美人像にも当てはまるのも。


――などと、カワイイとかブサイクとかオッサンとかBBAとか劣化とか、好き放題書いている掲示板のまとめ記事などを思い出して、そんなことをぼんやり思ったのでした。


関連記事

Tags: メディア

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。