電子書籍ユーザーに実際聞いてみた☆後編 【熟な腐女子を探る!(仮)】#9 「電子書籍、利用したことある?」結果発表[13]

 20,2014 15:14
「熟な腐女子を探る!(仮)」アンケート第9回「電子書籍、利用したことある?」の結果発表13回目、そして電子書籍をフル活用されている、千紗さんへのインタビュー後編です。


千紗さんが電子書籍を利用されていて、不便や不満を感じられていることって、何なのか? ――アンケート結果発表で圧倒的だった、あの答えが返ってきました。


やっぱり“購入”とはいえ、レンタル状態でいつ権利がなくなるかわからないこととか、気に入った本があっても気軽に友人に貸して布教出来ない点とかですかねぇ……。好きな本はやっぱり友人と共有したいので悩ましいです。権利については、利用しているKindleやBOOK☆WALKER(※角川グループが運営)、honto(※大日本印刷とドコモの合弁会社が運営。丸善、ジュンク堂、文教堂等のリアル店舗とも提携)がそう簡単に無くなるわけないと思っているので、あまり切実ではないんですけどね」


――出た! 「データ消滅の可能性」と「貸せない・借りられない」。そして「サービスや端末によって異なる利用方法」。紙とはまったく違うスペックだと割り切るしかないのかなぁ……。割り切るには、決して軽くない問題ではあるのだけど。


「まあでも、その辺に関してはまだ不便だなと思うだけで、差し迫っていないというか、そこまで気にしていないというか……。もしかしたら今後の動き次第ではやっぱ紙の本だよね! となる日が来ることもあるかもしれない(笑)


――“今後の動き次第”が、なんとも生々しい感じ。実際、電子書籍市場を見ていると、まだまだ試行錯誤的なところを感じることもありますからね。


ここから折りたたみます。

「あと、不満ではないけど、まだ電子化してないレーベルがたくさんあるので、今後もっと増えて欲しいです。『えっ、ここ電子やってないの!?』と思うところが結構あるので……。とくにBLはKindleでは特定のレーベルしか扱ってなかったりするので、アニメイトのストアでガツガツ電子対応して欲しいです


――切実……! いやはや、現在のようにスマートフォンや専用端末が登場する前、フィーチャーフォン(ガラケー)が主流だった頃は、BL等女性向けジャンルが電子書籍市場を支えていたとさえ言われていたんですけどね。


世界の電子書籍市場を支える携帯&女性向けエロ電子マンガ 本格電子書籍市場の登場で一転窮地に! (ダイヤモンドオンライン)


4年半前の記事だけど、ここで懸念されている電子書籍のエロマンガ作品の取り扱いについては、現在身につまされる状況となっているんじゃなかろうか。


ゾーニングやレイティングでは対応は難しいのか気になるところですが……BLのラインナップがこのままでは、腐女子の電子書籍移行は捗らないであろうことは想像できます。大抵の腐女子は、“周りに知られずこっそり読める”手段を模索し続けているんだもの!


「あとはさっきも言いましたけど、サービスによって規格がバラバラなので統一して、電子端末一つ買ったらどこで本を購入しても読めるようになったら嬉しいなぁ……! 現時点でKindle端末ではKindleで買った本か自炊した本しか読めないし、楽天のkoboやSONYのreaderでもそれは同じなので……。これは日本では無理かなと思いつつも、いつか紙の本と同時に電子書籍が発売されて、好きなように本を買えるようになったら嬉しいです


――おっしゃるとおり。激しく同意でございます。実体のないデータだからこそ、取り扱い方や権利関係が難しく、紙書籍のようにはいかないだろうけど、今よりユーザーにとって使いやすいものになってほしい……少なくとも現状は、控えめに見積もっても不安や制約が多すぎると思うの……!


ところで、千紗さんは現在、何冊くらい電子書籍をダウンロードされているのかしら?


手元にダウンロードして読める状態の本が、現時点で200冊くらいかな…? その内のほとんどが小説で、ライトノベル5:一般文芸3:マンガ2、といった感じです。BLは小説・マンガ合わせて、10冊くらいですかね」


――やっぱりBLは少なめなんですね。


BLは紙の本に特典がつくのと、電子が同時配信ではないのと、電子化するレーベルが極端に少ないので、電子で買う本があまりないんですよね」


――そうか、千紗さんは“紙の本になっていない電子書籍は購入しない”ことにされてますもんね。


BLはさておくとして、マンガも少な目な印象ですけど、これってやっぱり、見開きのコマが見づらいといったようなことが影響しているんでしょうか?


「特に見づらいとかでは無いんですが、Kindleは移動中に読んでいることが多いので、買うのはどうしても小説メインになってしまってる感じでしょうか……」


――うーむ……マンガは横から見られるとどんなシーンかわかりやすいから、って防衛意識(?)のようなものもあるんですかね?


「それはちょっとあるかも。あ、でも、紙の本でも漫画は外で読まないです、そういえば」


――ああ、じゃあ電子書籍かどうかは、あまり関係ないのかもしれないですね。


「そうかも。ただ、マンガは週間連載が増殖の種なので、コミックはじわじわ増えてます! BLのKindle化が増えたらまた変わりそうですね」


――なるほどなるほど……とうなずいていたら、不意に千紗さんから衝撃の事実が明かされました。


「あのぅ……アンケートのコメント見て、あれ? と思ったんですけど、マンガの見開きコマ、見られますよ!


――え? なんですって!?


「Kindleの専用端末の設定で横画面モードがあるので、見開き2ページ表示にできますし、専用端末じゃなくてアプリでタブレット使っても、端末を横にしただけで見開き表示になるんです」


――こんな感じで……と設定画面の画像が送られてきたので見てみると……


141220d.jpg
※端末はKindle Paperwhite


なるほど、「縦画面」となっているところを変更するのね。試しに、見開きコマがあるシーンを表示してみると……


141218_S_16048143.jpg
※端末はKindle Paperwhite


ジャジャーン!!! ホントだー!!! しっかり見開いているじゃありませんか!


「タブレット版のアプリならいけるんですが、スマートフォン版はこの機能はないかもしれません。それと、スクロールバーみたいなのを表示すると、ページパラパラもどきなことも一応できるんですよ。紙をめくる感覚とは違うので、あくまでも“それっぽい”機能ですけど」


――えぇーッ!? やっぱりあったのかー!!!


こんな感じです……と、またしても送ってくださった画像がこれ。 


141220b.jpg
※端末はKindle Paperwhite


ははぁ……これは、スライドショーみたいな、紙芝居的な感じでページが送られるのかな……!?


「そうですね。タップして戻るよりはラク、程度の機能ですね」


――なるほどなるほど……やっぱりフル活用されている方ならではの情報だなぁ! 


「あと、今気が付いたんですけど、電子書籍だと、付箋をつけたりマーカーを引いたりし放題なので、萌えページにベタベタできるのもメリット、というか特長かもしれません」


――あ、そういえば別のKindle Paperwhiteユーザーの友人も、めちゃくちゃ付箋をつけてたな! マーカーを引いたり、メモを残したりすることもできるし、あとからそれらを外したり消したりもできるので、まさに“カスタマイズ”という感じがしたっけね。


いろいろと解決してほしい問題もあるけれど、千紗さんの話を聞いていたら、電子書籍をもっと利用してもいいかも……という気もしてきました。もしかしたら、インタビューを読まれた方の中にも、そんな風に思われた方がいらっしゃるかも……!


千紗さん、インタビューのご協力、ありがとうございました! 




システムやサービスの今後の展開や、BL等エロ作品の取り扱い等、まだまだどうなるか予断を許さないながらも、多分、電子書籍そのものは、廃れることはないでしょう。


個人的には、「電子書籍は紙書籍の代替物ではなく、役割も違う」と納得できたのが、今回のアンケートの大きな収穫。今後、それを念頭に置いて、紙書籍と使い分けながらの電子書籍利用が増えそうな気がします。いや、電子書籍をまったく無視できなさそうだと思いつつ、でもどう扱えばいいのか考えあぐねていたのです。


これにて、今度こそ、第9回の結果発表、完結です。おつきあいくださった皆様、ありがとうございました!


関連記事

Tags: アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment 1

2015.09.21
Mon
22:46

lucinda”Nさま拍手&コメントありがとうございます” #-

URL

拍手コメントRES

>06/17 14:16 Nさま

ありえないくらい、コメントをいただきっぱなしの状態が続いてしまって、本当にすみません。
アンケート結果、読んでくださってありがとうございました!

編集 | 返信 | 

Latest Posts