地方アイドルから地元愛の源を考えてみたものの

 10,2014 23:36
先日、上司のエドさんの話で、非常に驚いたことがあった。


「まあ、アイドルブームも沈静化したけど、完全に人気が下火になったりせずに、それなりにポジションを確保して生き残っているのは、ちょっと予想外だったかな」


――え? ええっ!? アイドルブームって、沈静化したんですか!? ニュースサイトでは毎日のようにアイドル関連のヘッドラインが踊っているので、まだまだブーム冷めやらず、と思っていたんだけど……!?


どうにも釈然としなかったので、


「あの……アイドルブームが沈静化したのって、いつ頃なんでしょう? わたし、まったくブームの衰えは感じないんですけど……?」


とそろそろと聞いてみたのだが


「いつ頃かっていったら――うーん『あまちゃん』が終わってからじゃないかなぁ、やっぱり。N●Kのおかげでああいうアイドルがいるってことが全国に知れ渡って、一区切りついたような感じはあったよね」


――なるほど。紅白にも登場しちゃいましたしねぇ……。


「あとメジャーどころのグループも、初期メンバーがどんどん抜けて、前みたいな勢いはないでしょ?」


――そういえば、アイドルグループからの“卒業”のニュースも、『あまちゃん』前後に多かった気がします。


「でも、それで完全にグループがなくなるかっていうとそうじゃないし、そもそも“モー●”だって、なんだかんだありながらもまだ続いてるじゃん?」


――確かに。


今のアイドルってオレらが子供の頃のアイドルよりは多様化しているというか、細分化しているというか……。だからそれぞれ棲み分けしている感じがすると思うんだよ。“A●B”や“モー●”みたいなメジャーどころもいれば、“B●BY●ETA●”みたいなのも人気だし」


――なるほど……。アイドルにあまり興味がないから気付かなかったけど、確かに今やアイドル関連のニュースは、メジャーどころだけじゃない。だからこそ、アイドルブームが沈静化しているなんて、思いもしなかったのだけど。


「あと、地方のローカルアイドルも人気が定着してるじゃん。そもそも“A●B”の姉妹ユニットは、地方を拠点にしてるしさ。“H●T”とか“J●T”とか。群馬を拠点にしてる日系ブラジル人のアイドルグループとかもいるし」


――確かに確かに……と、エドさんの話を聞きながら、ふと思った。地方のローカルアイドル定着の源に、もしかしたら、Jリーグの影響もちょっぴりあるんじゃないかと。


Jリーグは発足時から地域密着を掲げ、クラブ名に企業名を排除してきた。それまで人気を独占していたプロ野球のクラブ名は、地域名よりもスポンサーである企業名の方が目立っているのに比べ、Jリーグのクラブ名は、地域名がバーンと前面に押し出されている。


しかもクラブのある“地域”も、大都市圏だけじゃなく、住んでいるところによっては「え、それってどこ!?」と思うようなところもたくさんある。Jリーグ発足時、まだ実家に住んでいたわたしは、鹿島ってどこ? と調べた覚えがあるもんなぁ……。


たとえテレビで試合を中継されなくても、たとえJ2やJ3にいても、“自分の町のクラブを一生懸命応援する”ということが、Jリーグで定着したような気がする。それが、サッカー人気の高まりに支えられているからこそかどうかは、わからないけれど。


ともかく、“自分の町のクラブを応援する”という風潮(?)は、サッカー以外のスポーツにもかなり影響を及ぼしたと思うし、やがてスポーツ以外にも波及し、巡り巡ってアイドルにも及んでいるのではないか――と思いついたのだった。


考えてみれば、ご当地B級グルメやら、ゆるキャラやら、地方同士で競うものも増えたような……。


――東京に行かなくても、流通網の発達やインターネット等のおかげで欲しいモノや情報は手に入るし、地元には家族や昔からの友人もいる。東京のプロスポーツクラブやアイドルも良いけれど、自分のところのプロスポーツクラブやアイドルだって悪くない。つか、負けてない!――


ん? これは何か、以前よく耳にした“マイルドヤンキー”を思い出させますね。


何もかもが東京に一極集中して地方に元気がない、とはよく言われていることだけど、アイドルは必ずしもそうじゃなさそうなのは面白いですねぇ、とエドさんに言ってみたら


「そうねぇ。ま、ローカルアイドルとかは金を稼ぎやすいってのもあるらしいけどね


と、バッサリと超現実的な意見を浴びせられたのだった。嗚呼……!


関連記事

Tags: オタク アイドル

Comment 0

Latest Posts