スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どちらでもない」じゃ分からない微妙なキモチ。 【熟な腐女子を探る!(仮)】#8 「ツンデレ、好き?」結果発表[5]

 09,2014 04:39
「ツンデレが好きな理由」の続きです。


ツンデレが「好き・嫌いじゃない」理由として、三つの主な理由――“ギャップ萌え”、“萌/好”、“可愛い”――のコメントを紹介した前回。ここからは残り二つ、“共感”および、“とはいえ”のコメントを取り上げます。


では早速、「共感」から。


▼好きな理由=「共感」

完璧なキャラクターにあまり魅力を感じないというのもありますが、一番の理由は自分も多少へそ曲がりなとこがあるので、自己投影してる部分があるかのもしれません。(31~40歳 好き/受け)


素直になれず可愛げのない態度をとってしまうところにシンパシーを感じるから。(41~50歳 嫌いじゃない/どちらでも)


ん~。気持ちが分かるから?でしょうか。好きなら、嫌いって言いたくなっちゃうんです。(31~40歳 好き/攻め)


まさに自分がそうだからです。BL作品の見方は、作品内容にもよるのですが、ときに自分の恋愛理想に当てはめてみることがあります。そのとき、登場人物が素直に振舞えない様子や、どちらかがそのツン部分に隠れているデレを上手く受け止めて包み込む様子をみて「わかる!わかる!」となったり「いいな~理想!」と思ったりするので。(21~30歳 好き/どちらでも)


キャラの感情の動きと共に「うんうん」とうなずいてしまう――ありますねぇ……! そんな風に共感した作品は、読んだ後や見た後など、なんともいえないカタルシスを感じることもあります。


このコメントは、そういった“カタルシス”を分析してくれているような気が。


「嫌いじゃない」の立場から考えてみました。
私は、「ツンデレ」とは、羞恥心による理性を用いた情欲の隠蔽(要するに〝照れ隠し〟)から情欲の高まりが羞恥心を超越して理性を崩壊させる過程、ではないかと考えました。言い換えれば、情欲が解放される瞬間が「ツンデレ」でもあると言えると思います。現実の生活の中で、自分の情欲を開放したいというのは誰にでもある欲求ではないでしょうか。この「自分の情欲を開放したい」という欲求を満たしてくれるあたりに、「ツンデレ」の魅力があるのかも知れません。


なんて論理的! 読みながらうなずいてしまいました――あ、この“ツンデレ共感分析”に共感しちゃったよ。


▼好きな理由=「とはいえ」

そもそも私がBLを愛するのは、切なく狂おしい愛のドラマが見たいからで、いちゃいちゃなどはなくてもいいのです。そして素直で健気よりツンデレのほうが「自分の性格のせいで」切ない展開になりやすいので、好きかと聞かれたらイエスなのですが、最近あまりにテンプレなツンデレが目に付いて少々食傷気味です。(41~50歳 好き/受け)


嫌いじゃない、と答えたのはどちらかと言えば好き、というよりもものによりけりだからです。「あ、アンタのことなんか、全然好きじゃないんだからねっ!」で全部言い表せるような単純なツンデレは嫌いです。深みがない。
パッと見てツンデレかどうかすぐ判別可能なキャラより、本人はそう思ってないかもしれないけど、相手からみると好意と嫌悪のせめぎ合いがちょっと垣間見れて、でも本当には何を考えてるのかわからない、というのが好きです。覗き込んだら深い沼、底は見えぬが何かある、という人間性にロマンを感じます。(31~40歳 嫌いじゃない/どちらでも)


物語の状況によっては可愛いと感じるから。ただし、いかにもツンデレという安易なのは不可。ほのかにツンデレ。というのが良いと思う。(31~40歳 嫌いじゃない/受け)


現実と混同するのは良くないと思うけれど、常にデレデレでやっていけることは少ないはずだと。受けの素直になれない所や葛藤がツンの部分に出るけれど、やっぱり好き=デレ、となるのが好み。
<略>
ツンデレキャラの心理描写が少ないとただの情緒不安定な感じになるのでそういったものは苦手。ツンデレで心理描写をきちんとやると作品の糖度が上がるので甘いのが好きだとツンデレを好きになるのかも(21~30歳 嫌いじゃない/受け)


ツンデレは一応「好き・嫌いじゃない」を選んではいるものの、どのコメントもちょっぴり辛め。コメント内で、“ストーリーの設定や展開”に触れているものが多いのも印象的です。


実際、第3回の発表で分類してみた、ツンデレを「キャラクターとして好き」「ストーリー設定・展開として好き」を組み合わせて集計してみると――


2014-05-08_04h33_45.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


“とはいえ”だけ、「キャラクターとして好き」の割合が極端に少なく、「ストーリー設定・展開として好き」の割合が大きいのでした。


「ツンデレを出しときゃ何でもいいわけじゃない」と思っている人は、いわゆる“キャラ萌え”というよりは、“ストーリー重視”の傾向が強いということなのかも。


ここまで、ツンデレが「好き」な理由を見てきましたが、今回のアンケートで、熟腐女子の12%、全体で14%の方が該当する「ツンデレは嫌い・好きじゃない」。


こちらも、コメント内容から以下のように5項目に分類してみました。



■可愛くない
⇒ツンデレは可愛く思えないから。


■面倒臭い
⇒ツンデレは面倒臭いと思うから。


■萌えない
⇒ツンデレに萌えないから。


■わからない・つまらない
⇒ツンデレ自体がよくわからないから。またはツンデレはつまらないから。


■共感
⇒ツンデレに共感するから。


※コメントの集計方法について
一つのコメントに複数の理由がある場合はそのままとしています。つまり、コメントAにaとbの理由がある場合は、コメントAを理由aにも理由bにも入れたということです。そのため、データはパーセンテージで集計していません。



ツンデレが「嫌い・好きじゃない」を選んだのは、ほとんどが31歳以上の熟腐女子。というわけで、熟腐女子の「嫌い」な理由を集計してみると、こんな風になりました。


2014-05-07_04h15_25.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


“面倒臭い”が最も多い! そうか、ツンデレは面倒臭いですか……。う、うん、まあ、ツンデレは“素直じゃない”のが基本だものね。


ちなみに、30歳以下ヤング腐女子で「嫌い・好きじゃない」を選んだ方は二人だけなのですが、彼女たちのコメントはそれぞれ、“可愛くない”と“わからない・つまらない”に当てはまりました。


数が少ないので、ヤング腐女子分も、上の熟腐女子のグラフにプラスしてみた結果がこちら。


2014-05-09_05h41_39.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


“共感”以外、各項目の割合に大きな差がなくなったような……。


それでは、項目別に、コメントをピックアップしていきます。ピックアップも何も、ただでさえ数が少ないのに、すでに3回目の結果発表で紹介したものもあるので“全部”なんですけどね。


▼嫌いな理由=「可愛くない」

かわいくないし面倒くさいから。(31~40歳 嫌い)


ツンツンしても可愛いと思えません。(21~30歳 好きじゃない)


バッサリ。ツンデレが「好き」な理由の“可愛い”で見たあのコメントの数々が、一刀両断にされて散っていくのが目に浮かぶよ……!


しかしこれらのコメントを読むと、「嫌い」な人は“ツンツン”に反応しているんだなぁ……と思います。「好き」な人は、どうやらそこはそれほど気にかからないようだけど。



▼嫌いな理由=「面倒臭い」

めんどくさいなーって思っちゃいます。生意気だな、とか恵まれてんな、とかも思う。ツンデレちゃんはツンできるだけの恵まれた背景を感じるというか…。まあ薄幸ちゃん健気ちゃんが好きなので、ひとことでいうと好みじゃないってことですかね。「嫌い」じゃないのは、作家さんの力量で時々「ウッ、このツンデレは美味しい…」というのがあるからです。滅多にないけど。(41~50歳 好きじゃない)


いい年をした大人で、ツンツンして気持ちを分かってもらおうなんてそれ自体が甘え。こっちも仕事がそれなりにハードな年代なのでBLに癒しを求めるようになってきた。読んでいて面倒くさい。(31~40歳 好きじゃない)


鬱陶しいのが好きではないので(41~50歳)


もったいぶってんじゃないわよ、何様なのよ!? ――って感じですかね。


どのコメントも、一見、キャラクターにイラついているように見える。でも本当のところは、そのイラつきはストーリーがサクサクと進まないところに向いているような気がしたのだけど――どうなんでしょう?



▼嫌いな理由=「萌えない」

好きな相手に対して愛情ダダ漏れなタイプのキャラクターが好みなので。時と場合によってはデレたり、最初はツンでも最後にはデレたりしても、好きな相手に対してツンツンした態度をとるキャラクターが登場する話を読むと心の底からは楽しめません。(41~50歳 好きじゃない)


そういったキャラを好きになったことがないので。(41~50歳 好きじゃない)


優しい人が好きだから。でも、BLだと、ツンデレのほうが萌えるのが不思議。(41~50歳 好きじゃない)


一言でいえば、“タイプじゃないのよ”ってところかな。そりゃあ、優しいタイプや素直なタイプが好きなら、ツンデレはお呼びじゃないですわね。ええ、仕方ない!


でも「BLだとツンデレは萌える」って、どうしてなんだろ? つか、“萌えない”項目に入れてよかったのか、これ……?<今さら


「ツンデレ」そのものに萌えないので、好きではないですが、嫌いというほどでもないです。萌えない理由を考えてみたのですが、特に「ツン」が「デレ」になる場面で「これは色恋沙汰ではなく、ただの手練手管だな」という冷めた気分になって、萎えるからだと思います。(41~50歳 好きじゃない)


ツンデレのギャップが、“計算高さ”“あざとさ”に見えてしまうのか――なるほどなぁ……。



▼嫌いな理由=「わからない・つまらない」

「ツンデレ」そのものが理解できない(41~50歳 嫌い)


――ああ、なるほどね、“ツンデレのナニが魅力なのかわからない”ってことね――と、解釈していたのだけど、だんだん不安になってきたのは、こんなコメントを読んだから。


うーん難しいです。「好きじゃない」に入れましたけど「どちらでもない」があればそっちに入れてました。自分自身ツンデレについて良く分かってないんだと思います。(31~40歳 好きじゃない)


――ん? そもそも“どういうものがツンデレなのか”がわからないってこと……? “ツンデレ”の言葉や定義は知っているけど、これまで接した作品に該当するものがないと感じているということなのかしら? 


このコメントは、まさにそういうことのようで……。


ツンデレのキャラというのをBLで見たことがないから。(41~50歳 好きじゃない)


いやしかし、“見たことがない”とは、「これまで読んだり見たりしたBL作品数が少ないせい」とは限らないんじゃないか? この方にとっては“ツンデレと思えな”かったという可能性もあるような――ううう、謎だー!


ほかの人は“ツンデレ”と認識しているキャラを、違う属性だと認識されているとしたら、超興味深いなぁ!


“つまらない”に該当するコメントはこちら。


嫌いな理由は、ツンデレばかりで進展せずページを稼ぐような漫画があるからです。つまんないのに続く苦痛。それでも読むんですけど。(21~30歳 嫌い)


つまないと思いつつも読む――苦行じゃないですか! それでも読む理由は何なんだろう。好きな作家の作品ということなのかしらね?



▼嫌いな理由=「共感」

もちろん、ここでいう“共感”は、「ツンデレが好き」な方たちの“共感”とは違います。なんというか、“共感の受け取り方”が違う、という感じ。


素直になれない自分を見ているように辛いから…というのが、一番の理由です。好きという気持ちも感謝してるということも、ほんとはちゃんと態度や言葉で伝えたほうが、きっと相手も幸せでうれしくなるのにな…と思いつつ。(41~50歳 好きじゃない)


この方は、ツンデレキャラを反面教師的に捉えてしまうということなのかも。“同じだからわかる”ゆえに、辛くしんどい。こういう“共感”もわかるなぁ……。


以上、ツンデレが「嫌い・好きじゃない」理由のコメント紹介でした。しかし“わからない・つまらない”は除いて、「嫌い」な理由と「好き」な理由は、合わせ鏡なんだなぁ、とふたたび実感。


でも、「好き」な理由の“とはいえ”は、ツンデレに批判的なだけに、「嫌い」な理由の項目のどれかにあてはまるのかな、などと思っていたのだけど、コメントをピックアップしてみると、そういうわけでもないことがわかって、不思議な気持ちになりました。


“とはいえ”のコメントの辛口ぶりは、ああ見えても、ツンデレに対する愛があるからこそなんだなぁ……。「嫌い」な理由のコメントはどれも、クッキリと不愉快な感情が浮かび上がっていたものね。


腐女子たちの微妙な感情を、ちょっと垣間見られたような感じ――アンケートに「どちらでもない」ではなく、あえて「嫌いじゃない」「好きじゃない」の選択肢を設定してみてよかったよ!


さて、ここまででかなり長くなりましたが、次回、「ツンデレが堪能できる作品、カップリング」と、「ツンデレ以外で好きな萌え属性」を発表します。


引用したコメント内の伏せ字、コメントの強調、省略は管理人によるものです。


関連記事

Tags: アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment - 1

2014.05.15
Thu
15:08

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>05/10 14:58 Mさま
コメントをいつもありがとうございます!そしてお礼が遅くなって申し訳ありません。
温かいお言葉、ありがとうございます…そういっていただけるととても嬉しいです。
今後とも、またよろしくお願いします~!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。