好きと嫌いは紙一重だよね… 【熟な腐女子を探る!(仮)】#8 「ツンデレ、好き?」結果発表[3]

 06,2014 13:57
前エントリーで、


ツンデレが「嫌い」「好きじゃない」と回答した、“反ツンデレ派”について見ていきます。


と張り切って書いたものの、よく考えたら、反ツンデレ派の基礎的なデータって、第1回の結果発表で大体出ているんだよなぁ……と気づいた“こどもの日”の午後。


反ツンデレ派の全体に占める割合も、年代別、居住状況別に、親ツンデレ派のデータと並べて表示されているし。


――などと思って、むむ…と頭を抱えていたのですが、反ツンデレ派に特化したデータがあってもいいかも……と思い直したので、このまままいります。


まずは、今回のアンケート回答者全体に占める、反ツンデレ派の割合。


2014-05-06_13h10_39.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


ツンデレが「嫌い」「好きじゃない」と回答した人は17人で、14%。「嫌い」よりは若干マイルドな、「好きじゃない」の方が多いという結果になっています。


1回目の結果発表で、「熟腐女子は意外にもツンデレに冷めている感じ」と書きましたが、そうはいっても、ハッキリとツンデレに否定的な人は、1割5分程度なわけです。


ただ意外だったのは、熟腐女子、しかも「41~50歳」に反ツンデレ派が最も多かったこと。


2014-05-06_13h11_04.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


パーセンテージは、「反ツンデレ派の中での割合」を示しています。それにしても、わたしの周りで「ツンデレ大好きー!」と悶えている人の半分以上はこの年代なんだけどなぁ――ま、わたしの認識が“井の中の蛙”だったってことですね。


人数の少なかった「21~30歳」はともかく、人数の多かった「41~50歳」「31~40歳」でこれほど差が出るのは、ちょっと予想外でした。


居住状況別で見てみると


2014-05-06_13h11_21.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


同居人数が増えるごとに、反ツンデレ派が増えてますね。うーん、今回は本当に、「居住状況」で差が出ているなぁ……。
※このグラフについて補足説明を追加しています。ここをクリックしてください。

けれどもこの場合は、ちょっぴり想像できるかも。


もしかしたら、「ツンデレ」という“素直じゃない”ところが、多人数で生活する中では敬遠されがちということで、こんな結果が出たのかしら?


――とかね。


以上、反ツンデレ派の基礎データでした。コメントはこれから、親ツンデレ派とあわせて紹介していきますよ!


さて、そのコメントですが――毎回、アンケートに描き込んでいただいているコメントは非常に多様で、いろいろな情報がギューッと詰まっているのですが、今回はこれまでとはちょっと違う要素が加わっていた気がします。


それは、今回の質問が初めて“萌え”に関するものだからなのかも。これまでは、腐女子のパーソナリティーに関するものばかりでしたからね。


コメントによって視点が違うというかなんというか――それがとてもわかりやすく表れているコメントがこれ。いずれも「ツンデレが好きな理由」に対するコメントです。


屈服させたいから(21~30歳 好き/受け)


男の意地っぽいのが見え隠れするから。(21~30歳 嫌いじゃない/攻め)


最初の“ツンデレ受け派”の方は、自身が“攻め視点”で作品を楽しんでいるらしいことが想像できるのだけど、“ツンデレ攻め派”の方は、“第三者視点”で、つまり俯瞰というかメタ的な視点で作品を楽しんでいるような感じ。


さすがにほとんどのコメントは“第三者視点”で書かれているのだけど、コメントを読んでいるうちにツンデレについて


●キャラクターとして

●ストーリー設定や展開として

●キャラクターとストーリー設定両方で

(どちらか判断がつきかねたものも含む)



で、好き/嫌いなのかに分けられそうだと思った次第。というわけで、やってみました。


まずはツンデレが“好き”(「好き」「嫌いじゃない」)の結果から。


2014-05-06_13h11_42a.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


こちらは、“嫌い”(「嫌い」「好きじゃない」)の結果。


2014-05-06_13h12_09.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


どちらも概ね“キャラクター”が多数派ですね。“両方”が意外に多いのは、それだけ判断がつきかねたコメントが多いということでもあり、まことに恐縮でございます……。


「好き」でも「嫌い」でも、「キャラクター」が突出しているのは「41~50歳」。そして、この年代をピークに、若い年代ほど、「キャラクター」の割合が少なくなっているのが興味深い。


「51~60歳」は3票だけだったのだけど、「キャラクター」「設定」「両方」に1票ずつきれいに振り分けられている状態。この年代の票数がもっと多ければ、また違った結果になったのかしら……。<そればっかりだな


ともかく今回の結果については、わたしの分類に依っているという但し書き付きだけど、


「41~50歳」以下については、年齢が高めなほど、「ツンデレをキャラクターとして好き/嫌い」と感じている。


といってもよさそう。


“キャラクターとして好き”な人のコメントを見てみると――

というか、ツンデレを嫌う理由が分かりません!ギャップにキュンとなるのは人の性。キュンとなる場面を見てキュンとなるものまた人の性です。(41~50歳 好き/どちらでも)


だってかわいいでしょ。ギャップ萌えなのかも。(41~50歳 好き/どちらでも)


普段、素直じゃなくて強がってる子が、好きな人に対してときおり照れながら見せる大好きっていう言動が可愛いから。(31~40歳 嫌いじゃない/受け)


素直になれないのに攻に甘やかされてどんどんかわいくなるのがすき。(20歳以下 好き/受け)



「カワイイ~!」のオンパレードだわ! ベロベロ舐めてる姿が目に浮かぶよ!


“設定として好き”なコメントは、どんな感じかというと――


デレたときの破壊力。デレるまでの説得力のある描写に筆力が反映される(20歳以下 好き/受け)


やっぱり人に慣れぬ野生動物が自分だけに懐くかわいらしさ…みたいなのって普遍的萌えがある。あと、予定調和を楽しむBLとしては、素直になれなくてうまくいかないぐらいがちょうどいい障害。あと、ツンツンしてるのを甘やかす様を堪能すると自分も癒される。(31~40歳 好き/どちらでも)


基本的に愛がある作品が好きですが、余りに簡単にラブラブのカップルになってしまうのは物足りないので。(31~40歳 嫌いじゃない/受け)


ツンデレキャラが登場することによって、ドラマチックなストーリー展開を期待しているらしいことが伝わってきます。確かに、“素直じゃないキャラが心を開いていく”だけで、すでに簡単な内容紹介みたいだものね。


では逆に、反ツンデレ派の“キャラクターとして嫌い”なコメントを見てみましょう。


大がつくほど嫌いです。むしろ、「ツンデレ」のどこが良いのか教えて頂きたいくらい。まずツンツンしていること自体が可愛くなく、イラつきます。自分のツンツンで相手を振り回すあざとさも、それを改善しようともしない図々しさも嫌いです。どうせデレルのだから、とっととデレて相手をたっぷりと喜ばせてあげれば良い。そのギャップを可愛いく思えるのは、相手が本物の猫の場合だけです。(41~50歳 嫌い)


若い子ならば可愛くも映ります。が、いい年をした大人が面倒な態度をとるのには、そのプライドが結構面倒くさく感じますので。(31~40歳 好きじゃない)



――き、キビしい……! ま、嫌いなんだから、当然か。でもその気持ちにまったく共感できないわけじゃないよ。読んでいてイライラさせられることは、確かにあるものね。


“設定として嫌い”のコメントはこちら。


受けが「天然ボケ」や「ツンデレ」だと、攻めが理不尽な扱いを受けることが多いので、読んでいていらいらする。なかなか話が進まなかったり、どうでもいい横道にそれたりするような気がする。受けよりも攻めの方に感情移入するためかもしれない。(41~50歳 好きじゃない)



なるほど。ドラマチックなストーリー展開は好きだけど、あんまり紆余曲折させると読んでいて疲れてイヤになること、あるよなぁ……。スパイスを利かせすぎた料理があんまり美味しくなくなった、みたいな。<何その喩え


しかしこうしてみてみると、


ツンデレが好きな理由と嫌いな理由は、紙一重


という感じがします。好きな人にはその素直じゃないところがカワイく思えても、嫌いな人にはイライラさせられる、とかね。まあ、ツンデレに限らず、なんでもそういうものですかね。


コメントについて、それが書かれた“視点”のようなもので分類してみましたが、次は、具体的な“理由”でいろいろと見ていきたいと思います。


引用したコメント内の伏せ字、コメントの強調、省略は管理人によるものです。

●グラフについて:補足●
このグラフの結果では「一人暮らし」が最も反ツンデレ派の割合が少なくなっていますが、[1]で掲出した『居住状況による各項目割合の比較 ※31歳以上熟腐女子』グラフでは、「一人暮らし」が最も反ツンデレ派の割合が多かったため、あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

[1]のグラフは「100%積み上げ棒グラフ」を使用し、“「一人暮らし」回答者全体に占める「嫌い」「好きじゃない」の割合”を表示しているのですが、ここでは「積み上げ棒グラフ」を使用し、“「嫌い・好きじゃない」回答者全体に占める「一人暮らし」の割合”を表示しているため、表示の違いが発生したものです。

[1]のグラフを、ここで使用したものと同じ「積み上げ棒グラフ」にすると下記のようになります。これは“31歳以上熟腐女子に占める居住状況別 各項目の割合”を示しています。

2014-05-11_02h27_38.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


関連記事

Tags:  アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment 0

Latest Posts