駆け込み! カレンダーあれこれ2014

 09,2013 23:23
なんとなく、毎年恒例になった(気がする)カレンダー特集。これを見ると年の瀬だと実感するというコメントを、諸々方々からいただいたとかいただいていないとか。


師走にすっぽり入っちゃいましたが、ネタは密かに集めていたのでこのまま没にするのも惜しい――というわけで、今年もササッとおなじみのカレンダーを中心にチェックしていきたいと思います。


ではやはり、この特集のきっかけとなったニューヨーク市消防局のカレンダーから。


fdny_2014.jpg


長くなったので、折りたたみます。
――うーん……グッドスマイルだけど、なんかちょっとモッサリした感じというかなんというか……。でもプロのモデルじゃなくて消防士さんなんだから、これでいいのか。


メイキング動画はこちら。



大体みなさん、フレンドリーな笑顔で写ってますね。そして揃いも揃ってすごいガタイなのも相変わらず。なかには、これまで見覚えのある消防士さんもいらっしゃる様子――つか、そんなことがわかるようになった自分が、なんとなくヤダ。


沖縄の消防士さんのカレンダー、もちろん来年もあります。こちらはプロモーションビデオ。





――年を追うごとに、構図とかポージングとか、垢抜けていってる気がするなぁ……! しかも握手会したり、サイトに「消防士からのプレゼント」を設置したり、プロモーション活動も活発になっているみたいですね。


「消防士からのプレゼント」を早速ダウンロードした写真(カレンダー未使用写真)がこちら。


dl_img02_large.jpg

背景が南国感満点。ガタイだってニューヨークの消防士たちに負けてないんだから!


さて、一昨年までは、ローマカトリック教会の神父さんカレンダーをチェックしていたのですが、どうやらこれまで撮影した写真を大切にリユースされているようなので、新ショットが出るまでは様子見しようと思っていたところ――


東方正教会が大胆なカレンダーを出していた! これ、Twitterで知ったんだけど、URLを開いた時は心底ビックリしたんだよ! 


2013-12-09_14h43_11.jpg


同性婚に敬意を表する、というテーマも素敵。東方正教会の同性婚や同性愛に対する考え方って、そういえばどういうものなんだろう……?


2013-12-10_00h48_36.jpg


中身は、思わずストーリーを想像したくなる凝った構図の写真がいくつもあります。ペドロ・アルモドバルの映画をちょっと思い出した。宗派は全然違うけど(バッドエデュケーションとか。スペインだからローマカトリックかな)。侮れないわ、東欧!


こちらのカレンダーも、ホモフォビア撲滅を目指して製作されたというカレンダー。イギリス・ウォーウィック大学ボート部の部員たちが、ヌードになってます。


fe74d974.jpg


初々しいなぁ! メイキングビデオも発売されるとか。若者たちが、照れくさそうにワチャワチャはしゃいでます。


チャリティが目的の素人セクシーカレンダーは、メイキングビデオも作って販売するのが、もうお約束になっているようですね。


さ、次は“農夫”で“セクシー”ときたか! 感に打ちのめされたスイスのイケメン農夫カレンダーですよ。2014年の表紙はこんな感じ。


2013-12-09_14h54_00.jpg


――去年より、“ペーター度”は低いですが、はにかんでいる表情が、素朴な感じでいいんじゃないでしょうか。


中身を見ると、ただ畑の中に立っているだけとか、川で洗濯みたいなことをしているのとか、家畜を抱えているのとか、魚を釣ってきてニヤリとしているのとか、シチュエーションにバリエーションが増えている感じが。


このイケメン農夫カレンダーのWebサイトを見ていて、ふと気になったこのカレンダー。


sk14-2014.jpg


タイトルが『DIE BÖSEN』、つまり“悪”。何なのこの禍々しいタイトルは!? とドキドキしながらグーグル翻訳などを駆使して調べてみたんだけど、どうもレスリングのチャンピオンをフィーチャーしたカレンダーの模様。それにしても“悪”って……そりゃ強そうだけど……。


カレンダーの紹介ページの画像などを見てみると、優勝者にはオリーブの冠みたいなのが授与されたりして、ちょっとクラシックな雰囲気が気になります。カレンダーになるほど人気なのか、カレンダーを足掛かりに認知度を高めたいのか――どうなんでしょ?


レスリングとは違うけれど、格闘技にほど近いと思うラグビー。はい、いつも鼻血が出そうなほど過剰にセクシーな、フランスのラガーメンのカレンダーの、来年の表紙はこちらですよ。


2014_fr.jpg


――うん、来年分も良い仕事をなさってますね。メイキングビデオはこちら。





毎回思うんだけど、ニューヨークや沖縄の消防士カレンダーにはない、妙にネットリしたこのムーディーさはなんなんでしょうか? カメラマンやスタッフ、被写体の話し声が入ってないせいなの? 


最後に紹介したいのは、気仙沼漁師カレンダー


これまで紹介したような、現役で活躍している“現場の人”のセクシーカレンダーは、チャリティなどの目的で製作されていることがほとんどだけど、『気仙沼漁師カレンダー』も同じく、東日本大震災の被災地支援と、漁師の後継者不足解消を狙って作られたとのこと。


01.jpg
頼もしくてカッコイイ!


わかりやすいセクシーさやエロさはないけど、このカレンダーによって、漁師になりたいと思う人が増えるのはもちろん、復興が少しでも進めばいいなぁと思わずにはいられません。


――なんだか日本も、現場で働く素人カレンダー製作に、ノリ気になったのかも!? こういうカレンダーによる収益はどのくらいなのかな。


どのカレンダーも、登場している方たちはみなさんとても素晴らしい笑顔を披露して撮影を楽しまれているようだし、これで収益が得られているなら万々歳だなぁ……と思うのでした。


2014年、大きな争いや災いのない年となりますように。



「熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第8回『ツンデレ、好き?』」を実施しています。アンケートはこちらからお願いします。31歳以上腐女子の投票数が100になるまで続けます。もちろん、30歳以下腐女子や腐男子の投票も大歓迎! 御用とお急ぎでない方、ご協力をよろしくお願いいたします!

関連記事

Tags: カレンダー 同性愛 ホモフォビア

Comment 1

2013.12.27
Fri
14:06

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>12/12 01:50 Mさま
ブログ拍手のチェックをずっとしそびれていて、いつも以上に遅いお礼となってしまいました。本当に申し訳ございません…!

カレンダー特集、楽しんでいただけたようでよかったです(笑)。マカロンの写真は、別にロコツじゃないのにそこはかとなく色っぽいですよねぇ!
石田彰さん…最近よく聞くので、今度どんな声なのか、チェックしてみます!(洋ドラで知ってるかもですが)
いつもありがとうございます!

編集 | 返信 | 

Latest Posts