BL的?小ネタ拾遺<22>

 22,2013 05:28
第8回「熟な腐女子を探る!(仮) ツンデレ、好き?」、ご協力をありがとうございます! 現在のところ、35件の回答をいただいています。


……35件……今までにない鈍い出足で、うろたえているのですが――しかし、回答フォームを変更できないので、このまま、熟腐女子票が100票集まるまで気長に続けます。


アンケートはこちらからご回答ください。アンケートの設問についての説明はこちらをご参照ください。


興味のある方、回答を迷っている方、回答をし忘れていた方、あなたのご回答をお待ちしています。ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします!



さて、ちょっと気になるなぁ……と付箋(※イメージ)をつけた記事がたまったので、小ネタ拾遺です。


“腐”に属さない人、腐的センスをまったく持ち合わせていない人は、いくらBLややおいについて情報を集めても、斜め上の方向で解釈しちゃうものなのかなぁ……と思った記事が多めかも。


いつものように折りたたみます。
その1
なんでもかんでも実生活に生かそうとしなくても



先月末だったか、「ラジオで一穂ミチさんの作品が紹介されている」というかりんこさんのツイートに、ギョッとなった。


どうやら東京FMの番組で、三浦しをんさんがゲストとして登場し、「失恋した時におすすめの本」ということで、紹介されたらしい。


――先日のJ-waveといい、FMラジオ局はどうしちゃったんだい……!?


しかもかりんこさんの衝撃ツイートはそれだけではなかった。


「その番組の女性DJが、何冊かBLを読んでみたけど、自分とはまったく関係のない世界ながら、確かにときめきがあって、それが次の恋につながる…って言ってて驚いた」


――はい? BL読んで次の恋につながる? どんな風に? 


ちなみにかりんこさんは、このDJの発言にビックリしすぎて、何の作品が紹介されたのか、覚えていないという。ええ、わかりますよ……!


その番組でBLが取り上げられるのは、今回が初めてではないらしいということで検索してみたのだけど、どうやら前回では、実生活でも使えるBL的恋愛テクニックがある、とか紹介されていたようだ。どんだけ前向きなんですか!


いや、世界は広いから――BLを読んで新たな恋愛に進んでいくという人もいるかもしれない。百歩譲って、同性に恋している人なら、ひょっとしたら万が一にでも、BLがそのような方面に作用することもあるかもしれない……でも、しかし、いやはや……。


少なくともわたしの周りの腐女子は、現実の恋愛に生かすどころか、非腐女/男子に「なんだか恋愛してなくても十分楽しそうね」と、ほめられているのかイヤミを言われているのかわからない状態であります。ぐうの音も出ないよ!


あのトンチキな前向きさこそが、非腐女子という証なのかもしれない……。



その2
世間のイメージする“腐女子”は大雑把で曖昧だ



もう1ヵ月以上前になるけれど、メンズノンノで紹介されたという「キラキラ腐女子」は、ネットでは一斉に総ツッコミされていましたね。


「キラキラ腐女子」って何なの? メンズノンノの「新定義」にネット仰天、猛突っ込み (J-CAST ニュース)


そもそも“キラキラ腐女子”という言葉があるのか、そこでいきなりつまづいたわたしだけど、まあ、上の記事を読むと、ツッコミが入るのはやむを得ないね……と思う。


編集部は取材をして書いたのかなぁ……? もし実際に“キラキラ腐女子”に相当する腐女子に取材していたら、ちょっと気の毒だなぁ……と思わないでもない。


でも、上の記事を読んで


――世間はわかってる風に“腐女子”と言ったり、腐女子をディスったりするけど、実は“腐女子”の認識が間違ってることは往々にしてあるよなぁ――


としみじみと思ってしまった。“腐女子”という言葉がメディアに登場するようになったのは、何もここ最近のことではないのに。


やっぱり最も多いのは、非BLのマンガ・アニメが好きな女子オタクを、“腐女子”と括っていることですかね。


記事でも、「アニメオタクなだけなのに、腐女子って言われて困っている」という悩みが紹介されているけど、どうも世間は、“女性でマンガ・アニメ好き=腐女子”とかたくなに思い込んでいるようだ。多分この思い込みは何十年経っても解消されないような気がする。


また、やはり記事の中で、「宝塚歌劇に熱を上げている女優が、雑誌で“腐女子への第一歩を踏み出しました”と告白した」と紹介されているけど、“同性同士のカップリングが好き=腐女子”という勘違いも多い。


そういえば以前、「腐男子とは百合好きな男性のこと、と信じている人が少なからずいる」と聞いたことがあって、なんだってー!? とのけぞったことがあった。同性同士のカップリングなら、男同士でも女同士でも一緒なわけじゃ、なんだからね!


かように面倒くさい誤解が広まっている“腐女子”だけど、じゃあその誤解を正すために、腐女/男子が自分たちについて積極的にアピールしていくべきか? といえば、


――いや、別にむやみにアピールしなくていいんじゃないの?


と思ってしまうわたしだ。誤解に遭遇したら訂正しておくべしと思うけど、言ってもないし聞かれてもないのに、「腐女子とは」とアピールするのも気が進まない……と思うのだった。


とはいえ、アピールしたい人はアピールすればよろしいと思っている。明らかに間違ったアピールはご免だけど。


――あら、これって、最近わたしのタイムラインで盛り上がっていた「腐女子であることをオープンにするか、秘密にしておくか」や「SNSや投稿サイトで腐向け作品や腐向け発言を自重すべきか否か」といった話題を思い出させるな。


腐についても腐以外についても、自分の考えや価値観を、うっかり他人に強要しないように気を付けようっと。



その3
“女らしい”愛情表現と“女らしい”願望は本当に“女らしい”のか、誰か教えてくれないか



そのまんまな見出しですみません。けど、この記事を読んだ時になんとなく引っ掛かったもので……。


男装コスプレの深層心理 (秋葉原☆マネタイズ【第32回】PRESIDENT Online)


女性の男装コスプレは、憧れの男性キャラクターと一心同体になることであり、とても“女らしい”愛情表現だ――とあるのだけど、それって、女性特有の表現、というか感覚なんだろうか? 


断っておくけど、わたしはこれを読んで不愉快になったわけではない。「え、女性の男装コス以外のコスプレは、また違うもんなの?」と、好奇心がうずいたのだ。


“一心同体になる”ことって、“なりきる”こととはまた違うんだろうか? “なりきる”は“演じる”とほぼ同じ意味だと思うのだけど、そうすると、“一心同体になる”は演技を超えて、キャラがのり移ったような状態になるってこと?


というか、“キャラと一心同体になりたい”という願望は、男装コスプレをする女性に限らず、女性キャラのコスプレをする女性や男性コスプレイヤーも、持っているんじゃないの?


――うーん、わからない。


記事にはもう一箇所、“女らしい”という言葉が登場する。


BL好きの女性は「腐女子」と言われていますが、彼女たちが皆、男性の同性愛者を好んでいるわけではありません。自分が女性だから男性に愛されたいのではなく、性別を超えてひとりの「人間」として愛されたいという極めて「女らしい」願望が、性差に縛られない男性同士の愛へのあこがれにつながっていると私は理解しています。(太字は管理人)


“性別を超えてひとりの「人間」として愛されたい”という願望が“女らしい”願望――わかるような気もしつつ、疑問も捨てきれない。


可愛らしさとか控えめさとか従順さとか家事全般ができるとか尽くしてくれるとか立ててくれるとかいったような、男性の女性に対する超絶ドリームを期待されたり押し付けられたりするのではなく、ありのまま受け入れてほしい――ということが、“人間として愛されたい”ということだろうとは、想像できるし納得できる。


でもやっぱりこう思っちゃうのだ。男性も、女性が男性に期待するスペックゆえではなく、ありのままの自分を受け入れてほしいと思っているものじゃないの? と。 “性別を超えて”という部分が、男性にはなかなか当てはまらないのかしら?


同じ筆者によるこの記事は、なんの疑問もなくすんなり読めたんですけどね。


男の娘の深層心理 (秋葉原☆マネタイズ【第33回】PRESIDENT Online)


男の娘が秋葉原に居心地の良さを感じる理由は、“本来の自分らしさや自然体の自分”を受け入れる寛容さがあるから――と説明されているのだけど……ん?


男の娘はアキバの外では肩身の狭い思いや居心地の悪さを感じている

なぜならアキバの外では、女装に対して偏見や侮蔑の感情があり、「男らしさ」を求められるから

しかし男の娘は社会通念の「男らしさ」とは異なる気質を持つ存在である



――つまり、男の娘たちも“性別を超えてひとりの「人間」として愛されたい(受け入れられたい)”と思ってるってことじゃん。 そりゃ男の娘は、ちょっぴりクィアな存在だけど。


でもそうすると、女性はどうなる? 女性というだけでクィアってことにならない? 極端な深読み? 議論の飛躍!?


――うーーーーーーん、わからーーーーーん!!!


「男らしさ」とか「女らしさ」とか、安易に持ち出すとややこしいから使うのやめようぜ!!<乱暴


わからなすぎてヤケクソで叫んでしまったけど、「男の娘」の記事の最後の部分は、前からわたしも同じように感じていたので、はげしく同意だ。


今、秋葉原で「男の娘」たちが自分らしく振る舞い、居心地のよい場所と仕事を見つけられたことは、日本社会にとって大きな進歩だと私は感じます。時代や地域によって変わる社会通念の「男らしさ」や「女らしさ」にとらわれず、それぞれの特性や自分らしさを発揮できる社会には、新しい文化やビジネスが生み出される可能性があるからです。


――あ、ここでも「男らしさ」「女らしさ」に触れられていたわ。「男らしさ」や「女らしさ」を完全に拒否しようとは思わないけど、囚われすぎ・拘りすぎは偏見・退屈・窮屈を招くモトだと思います。はい。



「熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第8回『ツンデレ、好き?』」を実施しています。アンケートはこちらからお願いします。31歳以上腐女子の投票数が100になるまで続けます。もちろん、30歳以下腐女子や腐男子の投票も大歓迎! 御用とお急ぎでない方、ご協力をよろしくお願いいたします!

関連記事

Tags: 小ネタ拾遺 腐女子 メディア 女装 男装 同性愛 ジェンダー

Comment 1

2013.12.04
Wed
15:10

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>11/23 21:37 Fさま

コメントありがとうございます! そしてお礼が超遅くなってしまって、毎度申し訳ありません…。

『俺の陣地に(腐)女子入ってくんな』問題…それはもしかして、あの監督の発言を基に大騒ぎになった件のことですかねw 女子オタク=腐女子って誤解、誰よりも女子オタクが嫌がっている感じで、それはそれでまた別の意味でちょっと微妙な気持ちになることもあります…。


>11/26 02:13 Mさま
いつも、コメントありがとうございます。そして今回もお礼が大変遅くなり、申し訳ありません…。

『陰陽師 醍醐ノ巻』!!! わかります~!思わず二度読み返しましたからねw 今回もまた最初から最後までニヤけまくりましたよ。だからといって「私も…」とか、やっぱり思いません(苦笑)。腐女子の中で「私も!」と張り切る人がいたら、お話を聞いてみたいところです。。Mさまも風邪などにお気をつけください!

編集 | 返信 | 

Latest Posts