スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活の理由かつ止めない理由の三つのコト 【熟な腐女子を探る!(仮)】#7 「もういいかな…と思ったこと、ある?」結果発表[4]

 26,2013 23:58
第7回「熟な腐女子を探る!(仮)」アンケート 「もういいかな…と思ったこと、ある?」の結果発表、[4]です。えー、今回、長いです。でもほとんどコメント紹介なので、どうか怯まずついてきて……!


「好みの作品が少なくなった」「なんだか新刊を追っかけたりイベントに行ったりするのに疲れちゃった」「仕事が忙しくてそれどころじゃないし」――などなど、さまざまな理由により、腐趣味や腐活動に対して「もういいかな……」と思った腐女子たち。


実際にちょっと離れて休止したり、セーブしたり、あるいは“その時点では”足抜けしたりしたはずなのに、じゃあどうして、ユーたちはまた“腐”を楽しみ始めたの?


――というわけで、腐女子たちが、腐趣味・腐活動を復活したり活発化させたりした理由を、コメントを読んでいくつかの項目に分類してみました。まずはその項目のご紹介から。


■癒
⇒BLややおいは癒しだから。

■性分
⇒自然と腐的に萌える性分だから。BLややおいを楽しむことは生活の一部だから。

■萌・快
⇒萌えを見出してしまったから。BLややおいは楽しく面白いから。

■友
⇒腐女子の友人がいたから。または新たにできたから。

■便利
⇒携帯電話からでもインターネット経由でBLややおいを楽しめるようになったから。

■余裕
⇒忙しさが落ち着き、時間的余裕ができたら。

■ふっきれ
⇒BLややおいを楽しんだっていいじゃない! とふっきれたから。

■休眠中/セーブ中
⇒現時点で休眠中またはセーブ中。


※コメントの集計方法について
一つのコメントに複数の理由がある場合はそのままとしています。つまり、コメントAにaとbの理由がある場合は、コメントAを理由aにも理由bにも入れたということです。



さて、31歳以上熟腐女子の、復活の理由を見てみましょう。


2013-10-27_06h00_49.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


「萌・快」が全体の1/3程度を占めてますね。次に多いのは「性分」かぁ……。


では30歳以下ヤング腐女子はどうかしら?


2013-10-20_04h20_57.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


こちらも「萌・快」が最も多いけど、次に多いのは「癒」になっていますね。


グラフで、各項目の割合がなんとなくわかったので、今度は回答者の年代別に、復活の理由トップ3(「理由不明/回答無」を除く)を表にしてみました。


2013-10-27_06h02_46.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。
※「20歳以下」は、復活の理由が不明のため全て空欄となっています。「51~60歳」は、回答者数が少なかったため、3位が空欄となっています。



――どの年代も、1位は「萌・快」だった! 萌えは強し! 快感は強し!


もうちょっと年代によって、もっといえば「もういいかな……」と思った理由がちょっぴりほかの年代とは違っていた“41~50歳”で、復活の理由にバラつきが出るかなと思っていたのだけど――この超・明快な結果に、感心しちゃいました。


萌えとか、楽しい・面白い・気持ちいいといったポジティブな感覚には、どうしたって勝てないよね――うんうん。


ほかに年代をまたいでランク入りしている項目として、「性分」が“21~30歳”で3位、“31~40歳”“41~50歳”で2位に入っているし、「癒」が、“21~30歳”の2位に、“41~50歳”の3位に入っていますね。


「萌・快」「性分」「癒」は、腐復活の三大要因、三大十分条件といってもいいんじゃなかろうか?(三大十分条件なんて言い方、あるの?) 


というわけで、それぞれの項目別に、コメントをのぞいてみましょう。
※すべてのコメント内の伏せ字、コメントの強調、省略は管理人によるものです。

▼復活の理由=「萌・快」

新しい萌を見つけたから。腐女子は蘇る何度でも!このまま腐老腐死の力を手に入れる予定です。(31~40歳/時期:20代)


高校卒業と同時にサークル活動やコンパなどが楽しくて自然とやめていた。結婚して育児中に何か本が読みたいなと手にっとたBL一冊から一気に舞い戻り現在に至る。
ときどき似た話ばかり読むことに飽きてもういいかな…と思う。そのタイミングで新星があらわれて、やっぱりおもしろい!とおもいやめられずにズルズルズルズル…。(41~50歳/10代)


完全にやめた訳でなく、何人かの好き作家さんをずっと読んでいました。範囲が狭くとも読み続けたのは結局面白かったからとしか言いようがありません。非BLでも面白い本はありましたが全くBLが無い生活は物足りなくて仕方なく、ヘテロの恋愛ものは全くの別物でBLと置き換えようもありませんでした。出戻りのキッカケはネットの導入とbasso作品と出会ったこと。結構な年齢の人も読者であること私が全く知らない面白そうな作品が溢れていることに気付き、一気に腐海にダイブ、今に至る……というところです。(51~60歳/時期:20代)


二次創作小説のサイトを長年運営していましたが、病気をきっかけにまったくお話が描けなくなってしまい、同人活動や「萌え」自体への興味が希薄になった時期がありました(当時ハマっていた作品がきれいな終わりを迎えたことも大きかったです)。「このまま煩悩から解脱するのかしら」とか、「同人引退するのってこういうときなのかな」などと考えてもみたり。
ところが、しばらくして『GI●NT KILLING』に出会い、忘れかけていた滾るような「萌え」の感覚を思い出しました。そのまたしばらく後『TIGER&BU●NY』に大ハマりし、ただの読み手としては完全復活を果たした感じです(タイ●ニは未だ続く長患いです・笑)(21~30歳/時期:20代)


もういいかな…と思いはじめた時になって、新たに気になる作品に出会ったり、好みの作家さんに出会ってしまうため…(31~40歳・男性/時期:30代)



「あの作品に出会ってしまったばっかりに……!!」という恨み節が、若干感じられるような気がしないでもない――ま、出会ってしまったものは仕方ありません。楽しくやろうや、と肩をポンと叩きたい気分になったわたし。


▼復活の理由=「性分」

自分には腐趣味しかないので。(31~40歳/時期:30代)


「もういいかな」と思った原因が重くて申し訳ないのですが、一緒に同人活動してた女性に「BLが好きなんて気持ち悪い」と言われたからです。彼女とはずっと一緒に書いていたので、ショックで人間不信になりました。彼女自身は私に合わせていただけで、腐女子じゃなかったんだと友達になって10年目にして初めて知りました。
それでBLが好きな自分がおかしいと思うようになってしまい、書くのも読むのもやめてしまいました。持っていた本も捨てたりしました。それから数年が過ぎたのですが、大好きな事を我慢しているせいで、精神状態が物凄く悪くなりまして(^^;)、このままではダメだ!と思い、再び読み始めました。私にとって腐趣味は、やはりなくてはならないものです!(41~50歳/時期:30代)


もういいかな。と思ってきっぱり脚を洗う(笑)のではなくゆるやかに欲望が引き潮のごとく引いてゆく感じですねえ。バカみたいに買わなくなる。コミケに行かなくても寂しくない…など。でも生まれた川に一度戻った鮭はきっと死ぬまで近くで地味にウロウロしていると思います!(41~50歳/時期:40代)


不定期に好みのものを探してしまう。徐々に減ってはいるものの、0にはならない。なるときが来るとも思えない。(21~30歳/時期:20代)


(さが)じゃ……性じゃよ……! わたしの中の“ばば様”が、コメントをピックアップするたびに重々しくつぶやいておりました。観念するのじゃ。


▼復活の理由=「癒」

結局、現実逃避なのかな? 辛い毎日でも、BLはファンタジーですから癒されたくて読んじゃうんですf^_^;)(41~50歳/時期:40代)


20代後半で一度休みました。高校時代からずっと小説JUNEを買い続けていました。<略> あるときそんな自分にあきれ、もっと現実に向き合うべきじゃないかとすっぱり止めました。最後に購入した小Jの小説が、救いのない結末で、それゆえに心に残る良作品が多かったせいもあると思います。もう十分じゃないかという気になって。
10年近く離れていましたが、「最近BLという名で流行っているらしい」ということを知り、人気作品を読んでみて返り咲きました。以前と違ってエンターテイメント性が増し、選択肢も増え、気分によって選ぶ楽しみがある。現実に向き合っているからこそ、「辛いときのひと時の癒しとして、気分転換に使える便利な存在」というように、私の中での位置づけが変わりました。<略> 今は気に入った作者さんの作品を購入しておき、ちょっと疲れた時に自分を元気づけるために読む、エネルギーチャージサプリのような存在として傍にいます。(31~40歳/時期:20代)


離れようとした事はありましたが、結局は私にとって1番安全で没入できて、幸せで楽しい世界が腐の世界でした。ヘテロの物語は、現実世界の自分の苦しい部分がどうしても忘れられず、触れていると辛くなるだけです。(21~30歳/時期:20代)


疲れた時の現実逃避の場に腐趣味は必要だった。(21~30歳/時期:10代)


――なんだか、うんうんとうなずきつつ読みながら、しんみりと共感してしまったよ……浮き世の辛さをBL&やおいで洗い流しておくれ!<再びばば様!?


ところでこの「“腐”復活の三大要因」、影響しているのは復活だけではありません。実は、「もうやめようかな……」と思わなかった理由の内訳とも、ピッタリ一致しているのでした! 「“腐”復活の三大要因」は「“腐”継続の三大要因」でもあるというわけ。


31歳以上熟腐女子で、“「もういいかな……」と思ったことがない”と答えたのは35%でしたが、その理由は――


2013-10-27_05h37_50.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


30歳以下ヤング腐女子では25%でしたが、その理由は――


2013-10-27_05h38_08.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


熟腐女子の約6割が「性分」ゆえに、ヤング腐女子の約6割が「癒し」ゆえに、これまで「もういいかな……」と思ったことなどないという。その潔さや、よし!


――熟腐女子と「性分」、似つかわしい感じがするなぁ……。酸いも甘いもそれなりに経験してきた熟腐女子たちが、「だって性分だもの」と言うのを想像すると、妙に説得力があるじゃありませんか。


それはさておき、「やめない理由」としての「三大要因」のコメントを、ご紹介しましょう。


▼やめない理由=「性分」

今ほど買い物しなかったり、イベントに行かなかったりした時期はあったけれど、その時期でも自分の中での萌えは尽きてなかったな、と。逆に「ある程度の年齢になったら、腐を卒業できるかも」という幻想を抱いてた時期もあったけれど、それはもう無理なんじゃないかと開き直ってからのほうが、いろいろと楽になった気が。だから、もう自分から積極的に辞めようとはしないんじゃないかと思ってます。(41~50歳)


腐全般に対して常にテンションもエネルギーも変化していますが、「もういい」とか「やめようかな」と思ったことはありません。むしろ距離を置いたりエネルギーが低下したり、あるいはわっと萌え滾ったり、その時の自分を発見するのも腐活動の一部だと感じています。何十年もかけて面白さを感じる部分が変わったりするのが楽しいです。これからテンションが下がっても休む、とかやめるとは思わないのじゃないかと思います。どんどん新しい作品も作家さんも登場されるので。(51~60歳)


やめる、やめないではなく思考がもう腐女子な為に、何をやっていても常に腐的思考が離れたことがない。ジャンル的にハマるものがないことはあるが常に腐の萌えを探している。(31~40歳)


BL小説、漫画を読んでるだけなので、冊数が減ったり増えたりすることはあっても、もういいかなと思ったことはないです。もし2次創作をしてたら、そう思うときがあるかもしれませんが。今後、読まなくなるとしたら、フェードアウト的に本屋でBLコーナーに立ち寄らなくなるとか?かなあ。そう言えば、小学生の時は少女漫画を読んでましたが、今はほぼ読みませんね。それも、もういいと思った訳ではなくて、気がついたらBLばっかり読んでいて、少女漫画コーナーに立ち寄らなくなった、という感じです。だから何かに移行する可能性はあるのかな。もうBL読みはじめて15年近いので、生活の一部な感じすらしますが。(21~30歳)


温度感やテンションの、多少の上がり下がりはあるかもしれないけれど、やめるってことはないんじゃない?――って、なんだかこのユルさ、女性誌でしばしば連呼されているワード、“自然体”を連想しちゃったよ!


でもこのゆったり感は、逆に「性分」だと自覚しているからこそなのかも。深い。


▼やめない理由=「癒」

3.11の後、BLも含めて本をあまり買わなくなった時期がありました。新刊を求める事に気持ち動かない=BLへの関心も薄くなって行く、のかと思ったのですが、他の本も読むに気になれず、結局フジミを1巻から読み直す事になりました。BLにハマった頃に比べたらかなりトーンダウンしてますが、最終的にBLに心の平安を求めてしまうのは、今も同じななのかしら…。(51~60歳)


BLを読む一番の理由が現実逃避なのでBL以上に現実逃避できる物が出て来るか逃避しなくてもいい百点の現実を送れるかしないと止められないと思います。でも三次元は現実が付き纏うし二次元でも一般小説・漫画は男女っていうだけで、どんなファンタジー設定(相手が神様・悪魔・宇宙人)でも現実感がグイグイ来やがって完全トリップとは程遠い。その点BLはどんな身近な設定でも確実に完全トリップ出来るので絶対止められない。それに自分の中でもう三大欲(睡眠欲・食欲・BL欲)になってるから無理なんです。(31~40歳)


アニメ→声優→特撮→声優といった遍歴をたどっていますが、ハマるものは違えど、腐関係の活動は途切れませんでした。ただ、私の場合、二次創作中心から、商業誌中心には移行しました。なんで途切れなかったかを考えると、心の拠り所になってるからかな、と思います(笑)「現実つらい」ってなると、ほもを求めてしまう。ある種精神安定剤のようなものになってしまっていて、自分でも少し病気の気があるのではないかと心配ではあります…。
また、腐女子的な考え方、発想ってやめようと思っても表に出て来てしまうもので…。もう自分の思考回路にきっちりはめこまれてしまっているのではないかと思います。声優クラスタなので、どんな演技をしているか気になって、かつ、萌えたくて(笑)BLCDは積極的に買ってしまいます。(20歳以下)


――あ、また読みながらしんみり共感しちゃったよ……! “31~40歳”の方と“20歳以下”の方のコメントは、「性分」的な理由も含まれていますね。“20歳以下”の方は「病気の気があるのではないか」と心配されていますが、このアンケの結果をご覧になって、杞憂だと思ってくださったら、これ幸い。


▼やめない理由=「萌・快」

四十路半ばにしてBLにはまるとは…。作家にどっぷりはまり、その作家の作品を読破する頃「もういいか…」と思うはずが、また別の作家にはまってしまい…その繰り返しです。お気に入りの作家の作品を集中して読むタイプです。それも、何度も繰り返して。いい加減飽きるだろう…と思うも全然飽きない。自分に呆れてます…。(41~50歳)


もういいかと思うことは多々ありますが、小さい萌えがそこら中に転がっていて、簡単に再燃してしまうため辞め時を逃しています。海外ドラマや映画、文芸小説で深読みしてしまったり、無機物ですら萌えを得られる時代です。どんどん許容範囲が広がってしまい辞め時が見つからないのです。昔は、きれいな男の子しか受け付けなかったはずが、不細工攻めや中年オヤジ受け、炭酸ジュースはツンデレとか思ってしまうのできっと後戻りは不可能です。これ以上進む先に、何があるのか想像もつきません。辞める時は、本当に何も感じなくなった時だと思います。(31~40歳)


月に買う購入冊数に多少の上下はあるけど、とりあえず今んとこ続いてます。腐ったのは数年前からで、かなりの遅咲きだからかも。いろんな意味で好きなことが好きなように出来る年代なのかもしれません。<略> つい外れのないように作家さん買い、絵師さま買いしてしまったりしますが、新しい人も発掘したいな。(51~60歳)


「萌・快」に分類されたコメントは、“大人になって腐にハマった”遅咲き腐女子が、とっても多かったのが印象的。ここでピックアップしたコメントを見ても、3件中2件が、どうやら40代になってハマったようですし。


ハマって間がないから萌えや楽しさに夢中なのか、そうだとしたら、10年後くらいにはコメント内容が変わっているのか――ちょっと気になるなぁ……。


さて、「“腐”復活」にして「“腐”継続」の理由でもあった三大要因のコメントに共感したり唸ったりして、ウッカリ見落としてしまいそうになるのですが――


実は“41~50歳”の3位に、「癒」と同数で「休眠中/セーブ中」がランクインしていることに気付かれた方もいらっしゃるかもしれません。


この年代の回答者が「もういいかな……」と思った理由は、「冷・疲・空白」だったなぁ……これと関係があるのかしら?


[5]に続きます。


関連記事

Tags:  アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment - 1

2013.10.29
Tue
13:50

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>10/27 18:28 hさま
コメントありがとうございます! 
hさまは「もういいかな…」と思ったことがない方なんですね(笑)
楽しく読んでいただけたようで嬉しいです。ありがとうございました!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。