振り返り 「6月に読んだ本」

 19,2013 15:02
暑いわぁ……とボンヤリしているうちに、7月も半ばを折り返しちゃいました……。


熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第7回『もういいかな…と思ったこと、ある?』へのご協力、ありがとうございます! ただいま、53件の回答をいただいています。若干、「もういいかな…とおもったことがある」という人が多い模様。


でも、これからその割合が変わっていく可能性も大いにアリ――ということで、「ま、協力してやってもいっかな」と思われたアナタ! ご参加お待ちしております。


さて、先月読んだ、読メまとめです。


2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1462ページ
ナイス数:27ナイス

光の雨 ―贖罪― (幻冬舎ルチル文庫)光の雨 ―贖罪― (幻冬舎ルチル文庫)感想
「いのせんとわーるど」が完結したものを読めるなんて(感涙)。しかしイラストが変わると違って見えるものですね…って、私が「いのせんと…」の内容をハッキリ覚えてなかっただけか。最後まで、硬派な内容でしっとりした雰囲気なのが心地よかった。ラスト、ひとすじの光が見えたところで終わったのもよい感じ。事件の完全な解決ではないけれど、あれほど大きな事件であればそう一気に解決しないよなぁという妙な納得感を感じた。主役二人のその後を読みたいと、久しぶりに思った作品。
読了日:6月2日 著者:かわい 有美子


華なるもの (Feelコミックス オンブルー)華なるもの (Feelコミックス オンブルー)感想
ブログにレビューをアップしました。⇒http://bit.ly/1bq3At5 権謀術数うずまくストーリーが、ふんわり絵柄によって語られているというそのギャップも面白いかも。
読了日:6月3日 著者:西 つるみ


アルティメット・ラヴァーズ ROUND.1 (gateauコミックス)アルティメット・ラヴァーズ ROUND.1 (gateauコミックス)感想
格闘家×整体師って面白そうだなぁと思って購入。リバだったのはヤッター!って感じだったけど、結構ライトなテイストだったのが意外。
読了日:6月6日 著者:ぱんこ。


Baby comics おいしいパスタの召し上がり方 (POE BACKS) (POE BACKS Babyコミックス)Baby comics おいしいパスタの召し上がり方 (POE BACKS) (POE BACKS Babyコミックス)感想
2組のカップルの話が収録されていて、私が好きなのは断然、シェフ×新人ホールスタッフの方。美味しいカルボナーラが食べたくなった。
読了日:6月6日 著者:ヤスエイ


藍苺(ランメイ)畑でつかまえて (ディアプラス文庫)藍苺(ランメイ)畑でつかまえて (ディアプラス文庫)感想
正統典雅節キター! 夏雨の訛った日本語がカワイイ。そして信の家族のワチャワチャした感じが最高に楽しかった。しっかり日中の政治的なエピソードまで入れられていて、しかもサラッと不愉快になることなく読めて、さすが典雅さん!ジャッキー・チェン似の徳尾さんとか、こっそりマンガを描いてる佐輝さんや彼女に猛アタックする慶雲とか、脇キャラや設定の細かさも堪能しました。典雅さんはやっぱり好きだー!!
読了日:6月9日 著者:小林 典雅


恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)感想
なんとなく2時間ドラマっぽい雰囲気が漂っているような感じ。受けの本名、鈍すぎるやろ!…と何度も心の中でツッコんだ。ま、それもカワイイんですけども。塚原が船舶免許を持っているというシーンは、思わず、えー!?と叫びそうになった。なんという好都合な…。とはいえ楽しく読みました。北上レンさんの刑事絵はカッコイイなぁ!
読了日:6月10日 著者:砂原 糖子


歯科医の弱点 (キャラ文庫)歯科医の弱点 (キャラ文庫)感想
うーむ…歯科医の意地の張りっぷりと、建築士の説教好きな感じが、なんだか私にはあまり響かなかったみたい。歯科医院のリフォーム話は楽しかったんだけどねぇ…。
読了日:6月14日 著者:鳩村 衣杏


低温ブランケット(2) (ビーボーイコミックス)低温ブランケット(2) (ビーボーイコミックス)感想
どんな風に二人はくっつくんだろう?と待ち遠しかった2巻。ホーイチ、乙女ね…けど、こだまで岡山は気長すぎるw 子ども時代の大輔の憎々しいような可愛さが堪らん! でも私、姉さん夫婦が一番好きかも。
読了日:6月16日 著者:国枝 彩香


ぜんぶ、猫のせい ~木蘭町の謎解き事件簿~ (ダリア文庫)ぜんぶ、猫のせい ~木蘭町の謎解き事件簿~ (ダリア文庫)感想
絢爛豪華な和泉作品、わりと好き。でも一応、攻めはそこそこお金持ちなのはお約束ですかね。事件がドロドロしていたり殺伐としていたりしていないのが良い。これ、今後は続かないのかしら…?
読了日:6月21日 著者:和泉 桂


背中で君を感じてる (ディアプラス文庫)背中で君を感じてる (ディアプラス文庫)感想
サッカー選手×警備員で、ワクワクしながら読んだ。鬼束はゲイと自覚してたのかなぁ…と想像していたんだけど、ついつい現役GKが頭に浮かんでちょっと困った(苦笑)。お互いがお互いを守るって感じで、読後感ほのぼの爽やか。
読了日:6月26日 著者:いつき 朔夜


アルティメット・ラヴァーズ ROUND.2 (gateauコミックス)アルティメット・ラヴァーズ ROUND.2 (gateauコミックス)感想
攻めが包容力のある良い男になっていて、あれー?って感じだった。なんか読み終わってみると、フツーにラブコメって感じで肩透かし感が。…って、私は何をこの作品に求めてたのか…?
読了日:6月27日 著者:ぱんこ。

読書メーター


11冊、ってここ最近の中でもとりわけ少ないな。ちょっとアンケート集計や発表の仕方にグルグル悩んじゃってあんまり読書が進まなかったのでした。


マンガは、国枝彩香さん以外は初読み作家さんばかりですね。小説に比べて、マンガは読んだことのない作家さんにトライしやすいんだよなぁ……。“絵”でまず、絵柄はもちろん全体的な雰囲気が自分の好みかどうか、判断しやすいからでしょうかね。


小説はおなじみの作家さんばかりで、まさしく“ザ☆作家買い”の様相を呈しているけれど、まあ、なんといっても、小林典雅さんにヤられたよね。エロはあってもなくてもどうでもいいと思えるほど、小ネタが散りばめられて満足できちゃうあの感じがたまりません。いや、エロがなくてもいいって言ってるわけじゃないですからね!? 決してね!?


今月は、6月にも増して読書量が少ない状況――このまま暑さに負けてしまうのか、わたし?




「熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第7回『もういいかな…と思ったこと、ある?』」を実施しています。アンケートはこちらからお願いします。31歳以上腐女子の投票数が100になるまで続けます。もちろん、30歳以下腐女子や腐男子の投票も大歓迎! 御用とお急ぎでない方、ご協力をよろしくお願いいたします!

関連記事

Tags: 読メまとめ

Comment 0

Latest Posts