友情・努力・勝利―からの、天下統一? 『戦国鍋TVライブツアー~武士ロックフェスティバル2013~』(DVD)

 13,2013 23:37
『戦国鍋TV』にハマっています。これまでも何度か、このブログでも触れてきたので、「何を今さら」と思われるかもしれないけれど。


番組第2期のDVDは全部買ってるし
nabe0513_2.jpg
第1期のDVDも一部持ってるよ


昨年10月の赤レンガライブにも行ったし、インターネットでの動画配信番組もチェックしているし、関連書籍は買っているし――と、BL以来、久しぶりにガッツリとハマったものができたなぁと我ながら感心している。


そして先週、今年1月に行われたライブ「武士ロックフェスティバル2013」のDVDを入手した。


戦国鍋TVライブツアー~武士ロックフェスティバル2013~ [DVD]戦国鍋TVライブツアー~武士ロックフェスティバル2013~ [DVD]
戦国フレンズ 時代劇少女奥カラ

キングレコード 2013-05-08
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歴史に笑いのテイストを盛り込んだバラエティ番組『戦国鍋TV』の人気コーナー「ミュージック・トゥナイト」に登場したユニットが集結し行った初ライブツアーの模様をDVD化。特典に本番までの撮影風景やリハーサルなどを密着ドキュメントとして収録。


ライブそのものは、残念ながら抽選に外れて行けなかったため、当日は唇を噛みながら、ライブ参加者のツイートを見ていたわたし。


とはいえ、3月以降に放送されたライブのTV番組などを見て、なんとなく気が済んだような感覚でいたのだけど。


――いやぁ、DVDは想像以上に見応えがありました! TV放送されたライブは、わりとMCをカットしていたのね。


何よりも、ライブに向けての練習やリハーサルの様子を記録したドキュメンタリー映像が、本当に素晴らしい。あれほど長時間、鍋の舞台裏が映し出されるのは初めてなんじゃないかしら。


そもそも、稽古がスタートし、ライブで流す映像等を撮影するのが本番の20日前ぐらいから、ということにビックリ。超タイトなスケジュールで仕上げていくのは、本当なんだなぁと感心した。


出演する役者さんたちが一生懸命ダンスを練習し、演じるグループや役柄のイメージを話し合って作り上げていく様子を見ていると、役者さん同士の仲の良さ、人となりが窺えて、ドキュメンタリー好きにはたまらない。


また、プロデューサーや振り付け担当のダンサー、作曲家、メイクさんなどスタッフの姿が見られるのもドキュメンタリーの醍醐味といえましょうか。


2時間ほどの映像を見ていたら、なんとなく、少年ジャンプの三大原則を思い出した。そう、『友情・努力・勝利』ですよ! 


役者さん同士やスタッフさんとの“友情”、役者さんたち一人ひとりの“努力”、そしてライブ成功という“勝利”と、全部入ってるじゃないですか! そりゃ見ていて気持ちいいはずだよ!


しかもこのDVDもものすごく売れているようだし、これまでのライブや舞台などイベントのチケットも即完売のようだし、番組内で使われるフレーズ“天下を取る”のも、夢じゃなくなりそうな勢いだ。すごいなぁ!


『戦国鍋TV』は、現代のシチュエーションに戦国武将が登場し、それを若手俳優がコミカルに演じ、踊り、歌う――というシュールさ、意外性が楽しい。


それに密かに感心しているのは、歴史好きなら知っている戦国武将たちの同性愛エピソードが、サラッとしたていでしっかりと取り入れられていること。そしてそれを、巷で“イケメン俳優”として人気のある若手俳優が、きちんと演じているのが画期的だと思う。


ネットをウロついていて見つけたこの記事も、とても興味深かった。


『戦国鍋TV』制作陣インタビュー(前編)
全世代に刺さるものはなくても「面白さ」を追求した、『戦国鍋TV』の強さ
(サイゾーウーマン)


『戦国鍋TV』制作陣インタビュー(後編)
視聴率調査もナシ! 系列を超えた『戦国鍋TV』は新たなテレビビジネスの形?
(サイゾーウーマン)


広告代理店が入ってないとか、視聴率調査をしていないとか、番組の制作自体も画期的なんだなぁと感じ入った。だからこそ、ほかのドラマなどではあまり触れられない同性愛エピソードなどを取り入れられている部分があるのかも……。


ライブが、番組の一コーナー『ミュージック・トゥナイト』の集大成的なものであるのと、DVDに収録されたドキュメンタリー映像のボリューム感とで、もしかしたら戦国鍋TVはいったん一区切りという感じなのかしら、という印象はある。


ファンとしては、第3期制作・放映や関連イベントを熱望してやまないのだけど、これまでのように、“知る人ぞ知るニッチで超面白い番組”(※個人的感覚)なスタンスを貫いてほしいから、ここは気長に見守るべきなんだろうなぁ……。


うーん、これで終わりじゃなければいいのよ! 待ってる、第3期!


関連記事

Tags: 戦国鍋TV 歴史 同性愛

Comment 1

2013.05.18
Sat
17:54

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>05/15 20:26 Sさま
コメントありがとうございました。なんかその様子がありありと想像できて…私もニヤニヤしちゃいました。一度でも脳がソッチに切り替わるとダメですよね~! でもそのおかげでしっかり覚えられる、かも…?
試験勉強、頑張ってください!

編集 | 返信 | 

Latest Posts