みんな“年下世代”にギャップを感じているらしい 【熟な腐女子を探る!(仮)】#5 「世代のギャップ、感じる?」結果発表[3]

 12,2013 23:58
第5回「熟な腐女子を探る!(仮)」アンケート「世代のギャップ、感じる?」の結果発表、その3です。


全体的には世代のギャップを感じる人は5割強ほどなのに、コメントでは日頃感じているギャップが縷々と綴られていた今回のアンケート。


熟腐女子・ヤング腐女子とも、一番ギャップを感じているのは『内容の好みの違い』だったけど、これは『エロけりゃいいってもんじゃない』『明るすぎ/軽すぎ』など、内容に関わることをすべてまとめたのも大きいと思う。


20130311b.png
※クリックすると、別窓で大きく表示されます。


これを分類したまま、年代別に細かく見てみると、最も多いのは必ずしも『内容の好みの違い』ではないのだ。


20130311a.png
あ、下の枠線がキャプチャできてなかった…表は3位までです…


31~40歳、41~50歳とも、『ノリの違い』にギャップを感じている模様。


そして個人的には、この『ノリの違い』に寄せられたコメントが、一番「世代のギャップ」を想像できてとても面白かったのです。


というわけで、『ノリの違い』に寄せられたコメントをチェック!
※取り上げたコメントについて、文中の太字や、一部省略した“(略)”は管理人によるものです。


■ノリの違い
ネット環境で萌えを叫ぶなんて

Twitterなどで、二次創作系等で盛り上がっているのを見かけると、若いな~と何だか感心してしまうことがあります。(31~40歳)


「○○と思うひとはRT」をしまくる。顔写真をネットに上げる。ニコ生だいすき。…なあたりを見ると「あー、若いなー」と感じます。
タイバニが好きなのですが、作品が30代以上に向けたネタを取り入れてくることがおおく、元ネタ知らない様子で新鮮に楽しんでる姿みたときも実感しますねw(31~40歳)


ツイッターで、ちょっと下の子達が「○○(キャラ名、CP名)うぉぉーーーーーーーー」のようないわゆる萌え叫びを頻繁にしているとき。同世代同士ではそれでコミュニケーションできてるようなのですが、自分はノリについていけないと感じます。(21~30歳)


Twitterやニコニコ動画などネットでの振る舞いは、確かに世代間のギャップを感じるきっかけになることが多いかも。まあね、何しろ20代半ば以下の人たちなんて、物心ついたころにはインターネットが身近にあったんだものねぇ……>遠い目


び、BL読むこと隠さなくていいの……!?

もう数年前になりますけど、「BLコーナー」と本屋で堂々とコーナーができて、そこで堂々と立ち読みをしている中・高生を見たときに「隠れて読まないんだ。」と驚きました(^^;)
それからリアルでも本の中でも、「セフレ」という存在に罪悪感を持たないのが、「違うな-」と思います。(これは世代でなく個人によるものかもしれませんけどね。)(41~50歳)


昔は人目を気にして、数少ない商業誌や同人誌を通販していたが、今はPCや携帯でアニパロから創作系など、いつでもどこでも何でも読み放題。書店では平積みで堂々とBL小説が売っている。SNSの掲示板でも「基本腐っていますけど、気軽にカラんで下さい」のオープンなメッセージ。
今は情報が溢れていて羨ましいが、元BL書き手としては想像力を働かせなくても良いから、それはそれで寂しい気もする。(41~50歳)


コミケのパンフを買いに行くのに、生まれて初めて「アニメイト」に行きました。普通の本屋さんだと、なかなかBLの本コーナーには行けないのですが、ここはふつーに行けるのでうれしかったです。それでも少しオドオドしてしまいましたが、たくさんの若い10代?20代前半位の方は「これほしい!」とか友達と話したりしていて、そういう話ができる友達がいるというのはすごいなあと感じました。(31~40歳)


今やBLという言葉が一般的になっていること。(31~40歳)


10歳下の人と話していて、BL本も普通の漫画に近い感覚で読んでいるんだなと感じた。腐属性であることを隠さず、好きな作品を通して共感できる人とネット等で積極的に交流したりする。自分が学生だった頃は「特殊なジャンル」という自覚から、少数の友人と密かに楽しんでいたように思う。(31~40歳)


ごらん、熟腐女子たちのこの戸惑いを! 


「腐女子であることは墓場まで持ってく秘密だ!」ぐらいに悲壮な覚悟を決めていた(?)多くの熟腐女子たちの葛藤を、ヤング腐女子たちは軽々と超えてゆくのね……。


まあ、熟腐女子たちの「誰にもこの趣味は言えない」という悲壮感には、1989年の東京・埼玉連続幼女殺人事件も影響していると思われる。だからこんなコメントも納得。


自分がオタクに目覚めた頃は「オタク=犯罪者」だとTVが報道していた時代でしたから。差別された経験のない若いオタクの趣味全開っぷりを見かけると、羨ましい反面「大丈夫かな?いじめられないかな?」とハラハラします……。


よい時代になったのか、無関心になったのか――とはいえ現在も、表現規制などの問題はありますね。


かと思えば、こんなコメントもあって興味深い。


年齢というより腐歴というか腐女子になった時期の問題なのかもしれませんが、人目を気にする人が増えたなあという印象です。(ネット前・ネット後なのかも?)かつては自ジャンルの中でだけ、付き合いのある人の間でだけ空気を読んでいればよかったわけですが、ネットでつなげられてしまったことで、リアルでは避けていればよかったクラスタの動向も気にしているというか。「こんなものを好きな私でごめんなさい」と思っている傾向が強まっている気がします。昭和腐女子としては不自由そうに見えてしまいますが、そうでもないのかな?(41~50歳)


なるほど――確かに、そういう一面もあるなぁ。ネットなどで自分の趣味を明らかにすることによって、属性やらジャンルやらがどんどん細かくセグメントされ、原理主義っぽくなっていく危うさがあるというのは、想像できる。


ネットでの付き合い方、振る舞い方というのは、この先、もっと洗練されていくんでしょうかね。


さて、『ノリの違い』とともに、こちらも世代のギャップを想像できるコメント多し、でした。


■年齢・世代の違い

10歳くらい年が離れているとやっぱりその世代で流行っていたアイドル・漫画・アニメやドラマの話はわからないですね。(特に私は2次萌えが全くないので)あと私はJUNEがもう終わりかけてBL移行期くらいに腐女子になったのでJUNE全盛期の話題はつらい。(31~40歳)


大まかに分けて二つのケースがあって、一つ目は単純に昔のネタゆえに分かち合えない所。例えば『炎の蜃気楼』1巻ラストに出てくるアイテム「PF21」をご存じないとか、栗城さんの『今日も明日も会いたくて』の味皇ネタがわからないとか。椎崎さんの『ろくでなし』から越路吹雪さんの同名曲の話が出た時も、その曲をご存じなくて驚いた事があります。もう一つは私的な観点から、お若いお嬢様たちの発言が割と露骨で驚くことが。ネットでコメントの遣り取りをしていても、性器の名称やプレイの数々をそのまま書かれて青ざめたことがあります(苦笑)。(41~50歳)


初期JUNE世代において、洋楽アーチスト(バンドの人間関係とか)がやおいの大きなテーマの一つであったことが忘れ去られている、あるいは説明しても理解してもらえない時。青池さんの「イブの息子たち」も実はちゃんと理解されてないんじゃないかと思う時。(51~60歳)


うん、やはりね、影響を受けた作品の違いや、過去の流行や世相などの空気感の理解などは、世代の壁はいかんともし難いですよね。友人から聞いた、「歴史や政治の授業で、今の学生には“ソ連”があったことから説明しないといけない」という話を思い出すなぁ。


ヤング腐女子たちも、その辺りにギャップを感じている人がちらほら。


上世代に対して)いい年の芸能人に『昔は可愛かったんだよ~』と言っているとき

下世代に対して)知らないアニメに盛り上がっているとき(21~30歳)

同人バブル時代の話を聞いた時は驚きました。(21~30歳)


時の移り変わりの激しさよ――でも、そういうものを積み重ねて今があるってこと、忘れないで!<誰に言ってるんだ


次、4番目に多かった理由へゴー!


■守備範囲外

BLゲームをしているか否か。周りの同世代(アラフォー)以上でBLゲームをしている人は皆無と言ってよいので、やはり若い世代が多いと思います。(31~40歳)


ボカロとか…あとまあ作品にしてもエロ重視みたいな話が盛り上がってると自分の枯れぶりを思い知らされる。この年でギラギラしててもそれはそれで怖いか(笑)(41~50歳)


世代と言っていいのかわかりませんが、小さいお子さんがおられる方は、戦隊ものにハマっている率がとても高いなぁと思います。私はあまり興味がないジャンルなので、話をしていてギャップを感じますねー。(21~30歳)


まあ、この辺、自分に興味があるかないか、周りにそれに夢中になっている人がいるかいないか、にも左右される部分はあると思う。でも、新しいものにどんどん食いついていく人を見ると、そこに自分との違いを感じることには、覚えがあるな。


いよいよ残り一つにさしかかりました。しかしこれ、見解が二つに分かれていて、あれ? って感じなのだ。


■アタシ倫厳しめ(※アタシ倫とはこちら

私は趣味でBL・ML小説を書いております。投稿サイトで公開しているので、更新情報などを公開するためにブログを始めました。こちらに固定の読者さんなどもおりまして、彼女たちの年齢は様々です。(略)
世代のギャップというか、精神年齢な話になってしまうかもしれないのですが、お若い方は、少女漫画を読む感覚でBLを読んでいる方が多いように思います。
なんというか自己投影してることも大きいのかもしれませんが、攻めがヘタレるとクレームの嵐です。
私的にはヘタレてないんですよ?そういう見方も出来ますけどね? けれどキャラに深みを出すために悩む描写などを入れると、クレームです。受けが悩むとかわいいと言われ、攻めが悩むとヘタレと罵られます。不憫です。(モチロンそれをいとおしいと言ってくださる方もいらっしゃいます!でもそういった方は精神的に成熟している方たちに思えます)
超絶かっこいい攻めしか認めたくないのか、男に妙な理想でも抱いているのか彼女たちは無邪気に「思い悩む攻め」を罵倒します。(31~40歳)


これだけ物量的にも系統的にも大量化した現在と違い、昔々は極々限られた世界で、「自分が読みたいものがないから、自分が書かねばならない!」という決意で同人誌を始めた人が少なくない世代なので、様々な意味でギャップはあります。
割り合い、お若い腐女子の方が、一途というか頑なというか、ご自分の好みとか主義とかと相反するものに対して、批判的で攻撃的なご意見をぶつけられる事が多いような気がしています。
割り合いベテラン腐女子の方が、茨道も獣道も、他所道も、寛容にスルー出来るような気がします。(51~60歳)


ヤング腐女子たちはアタシ倫が厳しいなぁ……というコメントなのだが、ところがヤング腐女子の中にこんなコメントが。


二次創作の買い専ですが、ネット上の同人サイトなどを見ていると、たまに『うーん…』と思う方が結構年配の方ぽかったりします。もちろん、萌えの形は人それぞれ、こだわりポイントも人それぞれだと思うのですが…。主には『受攻リバーシブルシチュエーションへの反感』『受の女体化ネタへの不寛容(見るのも嫌、とか)』『他カップリング(特に攻受が自分と逆とか、自分の受キャラが攻役のカップリングとか)への不寛容』などの態度を見かけると、あーこの人私より年上なのかな…、と感じます。と言っても年齢を具体的に挙げてる人はまずいないので、全部私の思い込みだという可能性も捨てきれませんが…。あと、もうひとつ挙げさせてもらうと、ノーマルカップリングあるいは女性キャラクターへの嫌悪感を隠さない人。これは年上かなー、と思います。 (21~30歳)


「年齢を具体的に挙げてる人はまずいない」と断られてはいるけれど、この方は自分より上の世代の方が、アタシ倫が厳しい人が多い、と思われている様子。


――うーん、どっちのコメントもなるほどなーという感じで、だからどっちの方が『アタシ倫厳しめ』かどうかを判じることはできないけれど、でも、どの世代にも『アタシ倫』が厳しい人はいるんだな、ということが想像できるのは確かだと思う。


しかし、リバへの抵抗はやはり厳しいものがあるのね……涙。


最後に、たった一つだけいただいた、「ギャップを感じません」と回答された方のコメントをご紹介します。


昔はあったけど、最近は10以上年下でも20代後半なので、その辺からは仕事、結婚など一度は深く考えた人達が多くて、共有する感覚があるからかそこまで違和感は感じない。流石に10代の青臭い妄想には付き合いきれないが、実際に会ったら訳ではなくて間接的に漏れ聞く程度なのでカウントしてません。(41~50歳)


そっか、アンケートで「61~70代」の方が全員「ギャップを感じない」と回答されていた理由は、こういうことかもしれませんね。


いかがだったでしょうか、「世代のギャップを感じる理由」。コメントはすべて、詳細で丁寧で興味深く、「……なんだこれ?」と思うものは一つもありませんでした。コメントを入れて下さったみなさま、本当にありがとうございました!


しかし今回のコメントを読んで面白いなぁと思ったのは、年齢に関わらず、みんな自分より年下の世代は自分たちとは違うと感じているらしいこと。たとえ20代でさえもね。


「今の若いヤツらは……」のボヤキは、永遠に存在するんだろうなぁ……。


第6回アンケートもまもなくスタートさせる予定なので、引き続き、よろしくお願いいたします!


最後の最後、個人的に大ウケしたコメントをご紹介して、第5回は終わります。


★#5アンケで心に残ったコメント

未だに男同士なのに軽快なのりに慣れません。あと、型どおりのキャラクターを型どおりの定番にパカパカ当てはめてゆくだけなのは単なる『ラベルの張替え』くらいにしか思えず、『腐』と言うにはいささか物足りないように感じます。そんなでっかい釣り針に引っかかってたまるかってんだ!もっと、どこにも書かれていない心と心の隙間を拾わせてくれよ!妄想させてくれよ!と思うのですが、『先輩はなんでそんなに必死なんですか』と言うせりふが胸をとすっと射抜く今日この頃。(41~50歳)

⇒その冷静な脳内人格、ステキ。

「やおい」という言葉が生まれた所をリアルに知っている世代としては…体位です。あの頃の体位は「バック」が主流。前戯は向かい合っていてもイザという時は「バック」です。当然のように最初から正常位なBLを読むと、世代のギャップを感じます。一体、いつ頃から正常位が主流になったのか気になります。(41~50歳)

⇒体位かー!! え、そんなに昔はバックばっかりだったの?? 誰か教えて!

「相手が35とか○○君にはおっさんすぎですよねー」などキャラクターの具体的な年齢をあげ、さらにそれが年下のツイッター語りなどをみたときw いまや35はそんなにおっさんじゃねーよ、嵐だってほとんど30代じゃねーかと思います(41~50歳)

⇒激しくうなずいたわ~。みんな等しく年を取るんだからね!


関連記事

Tags: アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment 2

2013.03.16
Sat
17:22

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>03/16 01:36 の方
コメントありがとうございました。今回、アンケートシステムを変えて初めての集計だったので、いろいろと試行錯誤しています…。読みやすさ、課題なんですよねぇ…。私自身も、どうにかしていきたいと思っているので、これに懲りず、これからもよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 | 
2013.03.26
Tue
21:54

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>03/26 21:15 Yさま
コメントありがとうございます。楽しんでいただけたようでよかったです! これからもよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 | 

Latest Posts