今や一穂ミチ作品は問答無用で作家買いしているけれど、この作品は“アイドルオタク”という設定がちょっと身近に感じられて、ワクワクしていた。ぼくのスター (幻冬舎ルチル文庫)一穂 ミチ コウキ。 幻冬舎 2013-03-15売り上げランキング : 68235Amazonで詳しく見る by G-Toolsほとんど学校へ行かず、アイドルオタクに勤しむ侑史。そんな推しメン一色の日々に、芹沢航輝と名乗る同級生が踏み込んできた―曰く、高校生活最後の一年は...
最近、vivian先輩が『サイコパス』にもハマっているのを知りました。相変わらず守備範囲が広いなぁ! と感心していたのだけど、同僚メガネちゃんの友人・Mさんも、ナマモノだ音楽だゲームだアニメだと、幅広くチェックしつつ、仕事帰りや週末ごとにあちこち飛び回っているのだとか。Mさん、vivian先輩と同じ匂いがします!そんなことを思った週末、ネタがたまったのでまたしても小ネタ拾遺です。長いので折りたたみます。...
いろいろ重なって、しばらくぶりの更新となってしまいました。更新は滞っていたのですが、ブログタイトルの背景画像だけは変更したのを、お気づきの方はいらっしゃるでしょうか。女子3人が何やら話してます。ピンクです。ちょっとまぶしいくらいラブリームードです。この画像、最近このブログではご無沙汰だけど、友人chloeに描いてもらったものなのでした。「なんか女の子2~3人で話してる感じの絵を描いてよ」とお願いして送って...
多分、読書メーターでレビューを読み歩いていた時に惹かれたんだと思うのだけど、「読みたい本」のフラグをつけていたので、とりあえず読んでみたこの作品。――あまりの衝撃に、茫然となったのだった。恋色ミュージアム (ディアプラス文庫)鳥谷 しず みずかね りょう 新書館 2012-12-08売り上げランキング : 83094Amazonで詳しく見る by G-Tools都内の私立美術館に仮採用された学芸員の征哉。ほどなくして、経営母体である京都本社...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。