もう大晦日ですよ。実家に帰省して3日、すでにヘロヘロです。普段、なんだかんだいってどれだけ気ままに暮らしているのか、思い知らされるこの時期。BLじゃないけど興味深い本を読んだとか、仕事関係の人と話していて考えたこととか、ブログにまとめたいなぁと思いつつ、結局、今月はたいしてブログを更新できませんでしたが、一つだけ。「熟な腐女子を探る!(仮)」第5回アンケート、現在総数で98件、31歳以上腐女子は86件集まっ...
“攻め×攻め”は、わたしが非常に惹きつけられる設定の一つです。どっちが主導権を握るのかにワクワクするとか、互いのプライドのせめぎあいを見守るのが楽しいとか、“ライバル関係”を最も堪能できる気がするとか、リバの期待に胸が高鳴るとか――大体、こんな理由で“攻め×攻め”に惹かれているんだけど、しかし。――どうも、“攻め×攻め”と謳われている作品を読んでも、ピンとこないことが多いのよねぇ……。なんだかモヤモヤしていたとこ...
Twitterでフォロワーさんたちと突発的に始まった、かわい有美子作品への萌えについてのやりとり。その[2]です。ちなみに[1]はこちら。うっかり目を離したら大量のリプライが溜まっていたほど熱いやりとりをしていたのは、ゆかりこさん(ゆ)、かりんこさん(か)、うさぎさん(う)、いっちゃん(い)、そしてわたし(ル)。――時々、何かの拍子にこんな風に盛り上がるのが、Twitterの面白いところだな。さてさて、うさぎさん、いっ...
同じ作家のファンといっても、好みは人それぞれ、萌えツボも人それぞれ。――ということを、先日、Twitterでやりとりをしながら心底実感した。その時のお題は「かわい有美子作品」。いや、「かわい作品についてツイートしようぜ!」と始まったわけじゃないですけどね。そしてメンバーは、ゆかりこさん、かりんこさん、うさぎさん、いっちゃんさん。あ、いっちゃんはすでにHNに“ちゃん”が入っているので、ここから“さん”は省略させて...
第5回「熟な腐女子を探る!(仮)」アンケート「世代のギャップ、感じる?」へのご協力、ありがとうございます。ただいまの投票状況は74票。このうち31歳以上腐女子の投票数は64票。ジリジリッと増えております。31歳以上腐女子の投票数が100票になるまで続けますが、もちろん、30歳以下腐女子、そして腐男子の方の投票も歓迎しておりますよ!さてさて、ちょっと遅くなってしまったけど、11月の読書メーターを振り返ってみました。...
更新しようと思いつつなかなかできず、気持ち的にネガティブになっていたことも重なって、もう12月の上旬は過ぎちゃったじゃないか! ……という体たらく。でもこの本を読んで、ちょっと気持ちがアガったような気がする。1967年「第1回りぼん新人漫画賞」(集英社)に入賞した3人のマンガ家、一条ゆかり、もりたじゅん、弓月光が、それぞれの“マンガ家人生”について語る。もうこれだけでワクワクするよ! というか、このお三方が“...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。