FC2ブログ
昨年からガシガシと読み始めた月村奎作品(でも高校生が主人公の作品は除く)。“朝チュンの作家さん”というイメージが強くて、シリアス寄りの正統派ラブロマンスな作風なのかなと勝手に想像していた。でも実際に読んでみると、どことなく文章にユーモラスな味わいがあって、わたし好み。そりゃ、ねっとりと抜き差しするエロシーンはないかもしれないけれど、だからといって物足りなさなんて感じない。そんなわけで、新刊のみならず...