わたしがダンサーに対して、どんなに尊敬と憧憬の気持ちを抱いているか、そしてダンスの動画を見るのがどんなに好きかは、このブログでも何度か言い募ってきたと思う。マイケル・ジャクソンとか、ジョンテとかね。そして、本日、ネットでいろいろ調べ物をしていて見つけたこの動画に、またしても魅入ってしまった。In the middle画像を加工しているのだと思うけど、シンメトリーな見せ方をしたり、同じ動きを並べて見せたり、そう...
江戸末期の遊郭を舞台にした漫画「花宵道中」、レビューの続きです。[1]で取り上げた三津と緑の関係は、百合ではおなじみの“上級生と下級生”の関係になぞらえることができると思うのだけど、個人的にもう一組、百合っぽいなぁと思ったのが、霧里と菊由の関係。花宵道中 3 (フラワーコミックスアルファスペシャル)斉木 久美子 宮木 あや子 小学館 2010-08-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools「いつか江戸に会い...
miriam先輩に、「これ、面白いの」とオススメされた「花宵道中」。実は以前、twitterで、「遊郭モノって、BLにはあるけど、百合ではどうなんだろ?」とツイートした時に教えてもらった作品でもあった。花宵道中 1 (フラワーコミックスアルファスペシャル)斉木 久美子 宮木 あや子 小学館 2010-02-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools明日散りゆく運命でも、叶わぬ恋に身を焦がす。江戸・吉原を舞台に遊女たちの...
かわい有美子さんの新作は、あの「MIKADO ―帝―」の新装版! と知ったのは、上巻の裏表紙のあらすじを読んだ時だった。表紙絵が、「MIKADO」の新装版だとは思えないほどキビキビした感じでカッコイイし、“大幅改稿”とあるからには、「MIKADO」のあのストーリーの耽美的ではあるけどモヤモヤしていたものは解消されるのかしら……ということで、ドキドキしながら読んでみた。UNDER THE HEAVEN〈上〉 (ビーボーイノベルズ)かわい 有美子...
ごきげんよう。旅に出ていました。……………嘘。でもそういいたくなるぐらいの、久しいご無沙汰となってしまったこのブログ。面目ないことです。ちょっといろいろ、重なっていました。ただ、アウトプットはできていなかったけど、新たに出会ったお気に入り作家さんの作品は、ちびちび楽しんでいた。というわけで、その作家・安曇ひかるさんの作品について。背中合わせでキスを (幻冬舎ルチル文庫)安曇 ひかる 三池 ろむこ 幻冬舎 2011...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。