「二八は売り上げが悪い」という巷説はウソなんじゃないかと思うほど、仕事に振り回されまくりな今日このごろ。職場から南南東の方角に向かって、雷が落ちろ! とか、ゲリラ豪雨に見舞われればいい!――などと、心ひそかに呪願わずにはいられないlucindaです。こんなに働いても、残業代は1円たりとも出ないんだものねぇ……。以前にも増してブログ更新がままならず、毎日後ろ髪を引かれる思いでいるのだけど、今日、職場で見ていたポ...
インターネットで、“腐”関連以外のサイトやブログで「腐女子」「BL」といった文字を見ると、ギクッとしてついつい立ち止まってしまうのだけど。サイゾーウーマンや日刊サイゾーは、「腐女子」「BL」といった文字を、結構な頻度で見かけるサイトだと思うのは、気のせいかしら?そもそも、「イケメン図鑑」(サイゾーウーマン)に登場している俳優たちに、BL映画(って、もうこういうジャンル確立なの!?)とか、腐女子にも人気だった...
「エンドルフィンマシーン」の表紙に惹きつけられて、フラフラとレジに持って行ったその時から、わたしは井上佐藤さんの作品が好きだ。去年の「子連れオオカミ」にも、ものっそい萌えた。チャットでも取り上げたくらいに萌えた。だから、次の新刊だって絶対に「イイはず!」と予感していたし、萌える自信があった。果たして、その予感と自信に狂いはなかった……。※ネタバレを含みます。オオカミの血族 (バンブー・コミックス 麗人セ...
書店を流し見していて、気になったタイトルがあった。それは「酔っぱらってもお前だけ」(樹生かなめ)。酔っぱらい……休日は常に酔っぱらっているような自分には、耳に痛く、同時に親近感を感じる単語だ。それに、「伍代を抱きたいという、禁じられた欲望」というフレーズにビビッときた。もしかして、リバ!? 小説で、リバが描かれているのかしら!?――あらすじをよくよく読むと、どうやらこれ、シリーズ第2弾らしいということが判明...