映画が好きだからなのかどうかはわからないけれど、小説やマンガを読んでいて、映像がワーッと脳内に広がったり、過去に見た映画(作品はまったく関係ない)が強く思い出されたりすることがある。「愛の報復」(仔犬飼ジン)と「あて馬ライダー」(語シスコ)は、まさに読み始めたとたん、かつて見た映画を連想してしまったのだった。長いので折りたたみます。...
ご無沙汰していました。3連休のハードスケジュールで見事にカゼをひいてしまい、珍しく発熱してダウンしていました。このところの気温の変動が激しすぎなんだよ!さて、これまで3回にわたって触れた「非実在青少年」規制は、どうにか東京は可決は避けられたものの、継続審議となり、まだまだ予断を許さない状況だ。そんなとき、今度は「大阪府でも同様の条例を検討」というニュースが流れた。――たとえ東京都で可決されなかったとし...
東京都青少年育成条例改正案「非実在青少年」規制問題については、今もTwitterや掲示板、ブログなどあちこちで取りざたされている。それらを時間のある時に追っかけていて、だんだん、この問題に対してわたしが感じる“気持ち悪さ”と“恐怖感”がハッキリしてきた。まだまだ理解不足なところはあるけれど、わたしが目にした記事を引用しつつ、まとめてみた。超長いので、折りたたみます。この長さ、覚悟して!(のちほど縮める可能性...
――昨日の庭は、個人的には勝負五分五分という感じ――――って、別にイベントで何かの勝負をしているわけではないんですけども。まあ、目当ての本をもれなく買えたり、思いがけない買い物ができたりすると、勝利感を感じられるような気がする。今回のわたしの“五分”の理由は、会場到着時間がイベントスタート11時をかなり超えていたことと、事前にまったくサークルチェックができなかったということ。いやー、出遅れたうえにチェックも...
週明け月曜日。仕事の休憩時間にTwitterを見ていて、ギョッとなった。東京都の「非実在青少年」規制が成立したら、女性ジャンルは大打撃――そんなツイートが、いくつも流れていたのだ。でも、「非実在青少年」規制って?――と、恥ずかしながら、わたしはそのときまで何も知らなかったのだけど、こういうことらしい。漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (ITmedia News)つまり、「青少年の健全な...
携帯を変えてから、通っているブログやサイトはRSS配信で読むようになったのだけど、先日、今月発売のBL本ラインナップを見て、あと少しで叫びそうになった。――だって、典雅さん、いつきさん、凪良さん、京山さんの名前があったんだもん!作家買いしている作家さんということはもちろんなのだけど、凪良さん以外は“寡作”という勝手なイメージがあるせいか、なんだか花札で猪鹿蝶が揃ったような気持ちというか、ポーカーでストレー...
女だからどうだとか、男のくせにこうだとか、そういう決め付けた言い方や考え方には、普段は眉をひそめるくせに、仕事をしていてたまに、――男はめんどくさいなぁ……――と思うことがある。ちょっと自分の偏見っぽい気がしないでもないので、折りたたみます。それでも考えたことをまとめてアップしたかったという……。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。