28,2009 ホーリー・アップル―ドードー鳥の微笑―(柏枝真郷) READ MORE

 23,2009 砂漠の少女たち―Seeds of Summer― READ MORE

 19,2009 ネットで遊ぼう READ MORE

 11,2009 歴女っつっても院政期ですが、何か? READ MORE

今年に入ってからぐらいだと思うんだけど、ヲタ系書店のBL棚に行くと、必ず真剣に品定めをしている男性に居合わせるようになった。そして昨年秋のJ庭では、「……なんか男の子、多くない?」と、びっくりした覚えがある。多くない?っつったって、わたしはそれまで2回しか参加してなかったんだけど、それでも、過去に比べて男性の姿が明らかに目立って見えたのだ。うーむ……これはやっぱり、腐男子が増えた、あるいは腐男子としてオフ...
これより一つ前のエントリで、“受けと攻めどちらにも日本人の血が流れていない”外国人が主役のBLって少ないかも……と書いたのだけど、「ホーリー・アップル」はその“数少ない(と思われる。実際は少なくないかもしれないけど)”ものの一つ。まあ、受けの「忘れられない恋人」が日本人と、ちょっと遠まわしに日本人が絡んではいるんだけども、一応、主人公二人はコーカソイドだもんね。そして、刑事と巡査という二人の関係が静かに進...
すべてが重なってメチャ忙しかった6月のある時、なぜだか急に洸さんの作品が読みたくなったことがあった。それまで読んでわたしが気に入っていたのは「冷たい抱擁」なんだけど、そのせいなのかどうか、洸作品というと、しっかりしたストーリーと手堅い文章力、そしてエロシーンもねっとりめと、“大人向け”なイメージ。心がカサついているときに求めたくなる作品の条件を満たしているのだ。カサカサな気持ちがピークのときに、アマ...
ダンサーに、ものすごい憧れと尊敬の気持ちを抱いている。彼らを見ていると、どうやったらそんな動きができるの!? どうしてそんな風に動けるの!? という疑問と羨望と賞賛の気持ちがドバーッと押し寄せてくる。身体のあらゆる関節と筋肉を思うままに動かす――というだけなら、アスリートにもたくさんいると思う。でも、ダンサーは、それを音楽にのせて動かしてみせるのだ。リズムとビートとメロディーにあわせて、音楽を表現してみせ...
fridasさんのブログ「コミュニティーからちょっと離れて」で知った、こんな映画祭。AQFF(アジアンクィア映画祭)アジアのクィア映画だけを上映する、2年に一度の映画祭。1回目は、下北沢で開催されたんだけど、残念ながら見に行けず……。しかし今回は行ってきた。見てきたのはこの作品。砂漠の少女たち―Seeds of Summer― 原題:Seeds of Summer監督:ヘン・ラスカー 2007年 イスラエル「私はここで初めて女性に恋をしたのよ」「...
こんな記事と、そのトラックバックのコメントを読んでいて、引っ掛かった言葉があった。ファックコミュニケーションさっそくググッてたどりついた記事がこれ。【トレビアン恋愛】ファックコミュニケーションで男女関係の恋愛攻略!(livedoorトレビアンニュース)この記事によると、ファックコミュニケーションとはお互いを攻撃しあうことで、より強い絆を結んでいくコミュニケーションなのです。これが成り立つのは、一般的に男性...
黒ニコさんの記事を読んで、ぜひわたしも!と思ったネット診断あれこれ。さっそくあれこれ試してみたんですの。≪戦国プロフ≫多少の相違(戦国とか院政期とか)はあっても、歴史に興味があるのは同じです!そんなわたしの結果はこれ。―lucindaの戦国プロフ―[ニックネーム]冬口の斧[お城]冬口城[石高]8万石[座右の銘]一子相伝[得意武器]斧[主な戦績]特幌城の乱(勝利)、鯉崎城の乱(敗北)、千ヶ原の戦い(逃亡)[ホトトギス]鳴かぬなら ...
印象的な作品や、レビューを書きたい作品はいくつかあるんだけど、ちょっと気持ちが後ろ向き&下向きになっていて、どうもちゃんと書けない。なので、最近の買い物傾向について振り返ってみた。わたしは基本的に、作家買いしている作家の場合、新刊が出れば買うようにしているんだけど(やっぱり新刊を買うことで応援の気持ちを表したいというかさ)、■初読みの作家で、あらすじを読む限り、新刊購入にちょっとためらいを感じてし...
わたしは、気に入った作家についてはガッポリ作家買いをする性質だけど、作家買いに至る新たな作家開発はヘタクソだ。今、ネットでいろんなレビューを読めるからこそ、作家買い対象になりそうな作家や作品をピックアップできるわけで、もし、ネットがなければ、わたしはこれほどBLにハマってなかったかもしれない……と思う。この作品も、例に洩れず、アラスカさんのブログで知ったもの。いやぁ、新人さんとは思えないほどこなれた感...
先月からtwitterを始めたのだけど、この前、エントリアップ報告をしたら、即座にレスがあってビックリした。だって、そんなに素早い反応されることって、あんまりないんですもの。レスをくださったのは、ゆんゆんさんという方で、BL小説サイトを運営されている腐女子。実はわたし、彼女のサイトは以前から知ってたんだけど、コンタクトを取ったことがなかったのだ。こっちが一方的に「遠くから見てる」感じの人とやり取りするのっ...
世は戦国ブーム。メディアによると、“歴女”とよばれるお嬢さんたちが、戦国武将に萌えを見出しているらしいけれど。わたしが今、興味津々なのは“中世初期”、つまり平安末期ごろ、いわゆる院政期なのだった。だって、もうすごい爛れようなんですよ! 人間関係が入り組みすぎていて、ちょっとやそっとじゃ理解できないくらい。院政期に興味を持つようになったきっかけは、ずっと前に読んだ「BL新日本史」。保元の乱や平治の乱など、...
アカデミー賞8部門受賞!と、華々しい評価がまぶしい「スラムドッグ$ミリオネア」。日本でも大ヒットしたらしいけれど、このたび、ようやく見てきた。近くの映画館で。スラムドッグ$ミリオネア [DVD]メディアファクトリー 2009-10-23売り上げランキング : 336おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools運じゃなく、運命だった。アジア最大のスラム街・ムンバイで育った少年ジャマールは、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」...
いつも当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。本日はシステムマイナーチェンジのお知らせです。1.秘密コメント廃止しましたFC2ブログには、「管理者にだけ表示を許可する」秘密コメントがあるのですが、これを拒否することにいたしました。理由は、秘密コメントの役割は、拍手コメントが果たしているためです。拍手コメントは、すべて管理人=わたしだけがチェックできるように設定しているため、秘密コメント自体...
「ホンの幸せ」(氷室冴子)を読んでみると、氷室冴子さんは、女性や少女に、強い思いを抱いていたんだなぁと思ったことの、続きです。ホンの幸せ (集英社文庫)集英社 1998-09売り上げランキング : 189505Amazonで詳しく見る by G-Tools「氷室冴子といえばコバルト文庫、すなわち少女小説」というイメージはかなり強いと思うのだけど、このエッセイを読むと、氷室さんは少女小説家に、なるべくしてなった人だと思わずにいはいられ...
わたしは氷室冴子作品の大ファンだ。だが、大ファンというわりには読んでいない作品もあって、これもそのうちの一冊。ホンの幸せ (集英社文庫)集英社 1998-09売り上げランキング : 189505Amazonで詳しく見る by G-Tools様々な雑誌に掲載されたエッセイや文庫の解説をまとめたもの。本とつきあう楽しみや、本と暮らす幸せが詰め込まれている。漫画から大衆文学、純文学、そして評論まで、ジャンルを問わず、古今東西、硬軟自在、縦...
こんな記事を発見して、ウダウダ考える初秋の深夜。“おたく”の人口移動から不況が見える!? 日本全国おたく人口分布図でいまのニッポンを読み解いてみた (GyaOトレンドニュース)オタクたちが一体どこに住んでいるのかを、おたく総合コミュニケーションサイト「おたくまβ Ver.2.0」が、登録者のデータをもとに発表したもの。このデータの興味深いところは、新旧のデータを比較してオタク人口の増減を算出しているところだと思う。...
30日の衆院選、劇的な結果が出ましたね。現役大臣や大物政治家たちがバカスカ落選したあの状況は、国民の怒りと憤りの表れといえるのでは。格差社会、年金、雇用、少子化、不況などなど、パッと瞬間的に思い浮かんだものだけでもこれだけいろいろな問題があるんだもの。誰でも大なり小なり、閉塞感や圧迫感を感じているんじゃないんでしょうか。しかしまさか、こういう社会的な問題が巧みに取り入れられているBL作品を読めるとは思...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。