30,2009 隠れ腐女子のキモチ? READ MORE

 17,2009 このヤマを超えたらきっと READ MORE

 16,2009 だから感じる攻めを見たい READ MORE

 13,2009 とりとめなく思ったことon金曜日 READ MORE

 05,2009 求ム、馬モノ再び!―殴る騎手(森田駿輔) READ MORE

 03,2009 BL的?小ネタ拾遺<8> READ MORE

 02,2009 あちこちウロつく近況 READ MORE

続々発売される腐女子本や腐女子系サイトで、恐らく何度も投げかけられたであろう疑問、「なんで腐女子であることを隠すの?」この疑問に対するただ一つの正解や真理はないと思っているのだが、先日、このコラムを読んで、「これも腐女子が腐女子であることを隠す理由の一つ、に関わっているかも」と思った。京都教育大学の集団強姦事件(LPC WEEKLY 北原みのり)たしかに痴漢や強姦にあった被害者に対して、「あんたにも隙があっ...
ものすごく前に、「消防士が主人公のBLを読みたい~!」とブログで叫んだことがあるのだが、消防署に待機している救急救命士が主人公の作品を、剛しいらさんが書かれていた。さすが、剛さん!ネタバレを含むので折りたたみます。...
大きなヤマを超え、生還してまいりました。6月はブログを開設した月だし、はりきってブログを更新しよう!と月初めは息巻いていたというのに、この体たらく。実は今年に入って、「ブログの毎日更新」を密かに目標にしているのですが、いやー、やっぱり毎日更新って、なかなかできないものですね。時間に追われて更新できない時もあるし、これというネタがなくて更新できない時もある。でもそれを乗り越え、毎日コツコツと更新する...
仕事とプライベートとでいろんなことが重なりに重なって、なかなかブログにたどり着けません。BLは買っているし読んでいるのに、しかも「いいわぁ……!」と思った作品もいろいろあるのに(たけうちりうとさんの過去作品とか、語シスコさんの新作とか、高塔望生さんの新作とか、剛しいらさんのドクターものとか)、全然レビューをアップできないのがもどかしい。おまけにアワアワと過ごしているうちに、誕生日とブログ開設日を通り過...
こんな記事を読んで、やっぱり!と思わず膝を叩いてウンウンと納得したのだった。AV女優が選ぶ、もう一度お手合わせしたいAV男優(メンズサイゾー)タイトルそのまんまの内容で、1位に選ばれた男優は色黒マッチョなイケメンだったのだけど、僅差で2位に選ばれたのは、「白ブタ系色白ぽっちゃりブサメンM男優で、愛読書はファミ通」という男優、らしい。もうこの説明だけで、絶対外見だけなら想定外のヒトだったのがよーくわかる。...
姪の3歳児検診に同行してきた。反抗期で、生まれたばかりの弟に嫉妬しまくって暴れている姪は、お出掛けさせるのも一苦労――ということで、妹・スウからヘルプ要請がきたのだ(というか、ここ数週間はほぼ毎週末、姪対応に忙殺されている)。一体どのくらいの人数が集まるものなのかしらとワクワクしていたのだけど、検診会場に10分前に到着すると、本当に今は少子化なんだろうかと思うほどの長蛇の列。そのほとんどはお母さんが一...
先週末にひいたカゼの快復が一進一退を繰り返し、なかなかスッキリしない。しっかり睡眠を取ると調子がいいようなので、これ幸いと早くベッドに入ってみても――。スンナリ寝られません……。それで仕方なく本を読み、面白くなると眠いのを我慢して読み続け、結局睡眠時間はいつもより少なめに――と、もうまるでだめ子状態。でもノッてくると途中でやめるのはいかにも惜しいんだもの。「上海金魚」「透過性恋愛装置」も、こうして途中で...
受けが童貞とか貞操が固いとか純潔を守るとか、果てはウエディングドレスを着たり嫁入りしたり、BLの受けには、男ながらもかなり古風な乙女のようなキャラに仕立て上げられているのをよく見る。まあ、愛する人(=攻め)と出会ったなら、操を守って誠実に――というのはともかくとしても、攻めに出会うまでは清い体でした……というのはねぇ……。出会えたからよかったけど、出会えなかったらこの人は妖精だか天使だかになっていたのかし...
腐女子なら読んでおきたい少女マンガ作品を、実はそれほど読んでいない。特に、モロに耽美な、美少年が主役の“JUNE”っぽい作品が結構手薄。子どもの頃から気になってはいるんだけど、なぜか読みはぐれているだよなぁ……。「風と木の詩」もその中の一つ。ジルベール、知ってるとも! 寄宿学校(完全ではないけど)が舞台なのも、悲劇なのも知っているさ! だけどそれは、レビューやコラムなどで得た知識。このたび、みっとさんからお...
競馬を背景にした馬モノBLにどっぷりハマり(これとこれ)、以来、馬や競馬にもちょっとだけ興味を持つようになったのだけど。ブクオフの棚を流している時にたまたま見つけたこの本は、騎手の人間くさいエピソードがギッシリ詰まっていて、立ち読みが止まらず、思わず買ってしまったのだった。殴る騎手―JRAジョッキーたちの裏舞台 (双葉文庫)森田 駿輔双葉社 2006-10売り上げランキング : 122211おすすめ平均 Amazonで詳しく見る...
いきなり、“BL的”なネタではないので恐縮なのですが、リンクのお知らせです。昨日、お気に入りのセクシュアルマイノリティ系ブログの傾向について触れたけど、偶然にも、いつもお邪魔している「押して、押して、押し倒されろ!」で公開リンク依頼(?)が掲げられていた。この機会を逃さないわ……!――というわけで、ゆうさんのブログにリンクさせていただきました。これまで何度か記事にリンクさせていただいたけれど、ゆうさんの、...
先日、「ちるちる」にようやく登録してみた。昨年春開設時は、あれやこれやでバタバタしていてそれどころじゃなく、1年もたってもう今さらかなぁ……と腰が引けていたんだけど――。正直なところ、「登録者に抽選で本2冊プレゼント」キャンペーンに引きつけられたんです。抽選はハズれちゃったんだけどね。悲。でも「ちるちる」をあちこち見ながら、たった1年でこれだけのデータが集積されるものなのねぇ……と感心した。BLにハマりたて...
剛しいら新作は、キャラ文庫ということで、ちょっと油断していた。――ヘンな意味ではなく、「顔のない男」シリーズとか「仇なれども」とか「命いただきます!」とかとか、キャラ文庫での好きな作品はたくさんある。だけど、まさかレーベルを超えて思いがけない人物が(気配だけ)登場しているなんて! 欣喜雀躍の大興奮。もちろん、作品自体にも大興奮なのだった。ネタバレを含むので折りたたみます。...