FC2ブログ

 11,2009 “あの頃”の耽美系 READ MORE

1992年のCREA「活字の力」の記事「耽美小説に溺れる」では、男同士の恋愛が織り込まれた小説も紹介されていた。例えば――「海外篇」で、●「フロント・ランナー」(パトリシア・ネル・ウォーレン)●「悪童日記」(アゴタ・クリストフ)●「遠い声 遠い部屋」(トルーマン・カポーティ)●「蜘蛛女のキス」(マヌエル・プイグ)●「おかしな奴が多すぎる」(トニー・フェンリー)などなど19作品。このブログで以前レビューをアップした、...