FC2ブログ

 03,2008 カタルシス寸止め―「硝子の花束」「しもべと犬」 READ MORE

BL作品に求めることの一つは、読後の爽快感とか、ジーンと沁み入るような感慨とか、お約束だけどホッとする安心感だとか――つまり、ムリヤリひっくるめてまとめると、「カタルシス」を感じられることじゃないかと思っているのだけど。立て続けに読んだこの2作は、どうもカタルシスに今一歩届かない、ちょっと不完全燃焼な気持ちに襲われてしまったのだった。硝子の花束 (幻冬舎ルチル文庫 す 2-4)杉原 理生幻冬舎コミックス 2008-0...