FC2ブログ

 06,2008 美しいこと(木原音瀬) READ MORE

超個人的な感覚だが、木原音瀬作品は、読むときはもちろん購入する時も覚悟がいる。容赦なく苦しく辛く、ときにイタい展開が控えていても耐えられるか?主要キャラを好きになれなくても読み進められるか?決して望んでいたようなラストじゃなくても受け入れられるか?――そんな懸念が、わたしの購入意欲をセーブするのだ。とはいえ、読み始めたら中断することなどできないし、読んだ後にしみじみと感情に浸れるのも事実。ということ...