30,2007 嬉しいけどフクザツな方言 READ MORE

 29,2007 オノマトペを探そう READ MORE

 28,2007 忙しい時ほど良質のモノを READ MORE

 26,2007 業から這い上がれない理由 READ MORE

 23,2007 更新休止は寂しいけれど READ MORE

 22,2007 探し物は大収穫 READ MORE

 20,2007 でもオトナだって READ MORE

 19,2007 ドアをノックするのは誰?(鳩村衣杏)&Charade vol.80 READ MORE

 17,2007 文字のイメージ READ MORE

 16,2007 アンケート100件超えありがとうございます! READ MORE

 14,2007 今月の表紙買い4/花を撃つ、蜂蜜の味、黒い愛情 READ MORE

 12,2007 神保町で会いましょう READ MORE

 11,2007 思えば三悪が好きだった READ MORE

 10,2007 よしながふみさんの対談集に期待 READ MORE

 09,2007 アンケート途中経過 READ MORE

 07,2007 また読めなくなる作品が増えるのか READ MORE

 06,2007 アンケートを設置しました READ MORE

 05,2007 オタク世界からあれこれ考えたら/「動物化するポストモダン」、「「性愛」格差論」 READ MORE

 03,2007 30代の理由を考えてみようか READ MORE

 01,2007 ラブコメは会話命/「棒投げ橋で待ってて」「豹くんの異常な愛情」 READ MORE

BL作品にはさまざまな職業が設定されているけど、それに劣らず、舞台となる土地もバラエティ豊かだと思う。アメリカとかヨーロッパとか香港といった外国が舞台の作品も多いけど、たとえキャラが外国人であろうとも、当然のことながら作品の中での会話は日本語で表現される。だが、大阪や北海道など、日本国内のいろいろな地域が舞台の場合、方言が使用されることで、ググッと地域色が出るのが面白い。舞台が東京でも、関西出身とか...
オノマトペとは擬音語・擬態語のこと。最近読んだ、オノマトペについての本がものすごく面白くて、「へぇー!」と感心しっぱなしだったのだけれど、ふと、BL作品に使われるオノマトペって、どういうものが多いんだろうかと思った。とっさに頭に浮かんだのは、「クチュクチュ」「じわじわ」「ギシギシ」など――どれも、どうもエッチなシーンに使われているっぽいオノマトペばかりじゃん――。我ながらちょっと恥ずかしい。しかしそれな...
久しぶりに、vivian先輩と打ち合わせに行って来た。その打ち合わせが、なんだかもう、予想外のことの連続で――「2時間もあれば終わるんじゃない?」などとタカを括っていたのに、先方の都合に振り回されて、終わったのは結局4時間後だった。だが、しかし。途中、担当者に何かを確認しにやって来た先方のスタッフが、妙にキャラ立ちしていて――なんというのかしら、一見、浅黒い肌をした筋肉質っぽい外見なのに、妙に物腰の柔らかい仕...
やおい・BLにハマってからというもの、自宅ではやおい・BL関連、移動中や出先で読むものはそれ以外と、いつの間に棲み分けしてしまった、わたしの読書傾向。何度か試したけど、出先はともかく、移動中つまりは電車やバスの中で、BL作品を読むのは、やっぱりソワソワして落ち着かないため、必然的に、自宅でガガーッと読むことになるわけ。その代わり、自宅でBL以外の作品を読むことは、仕事でもない限りなくなってきた。うーん、我...
基本的にPCは仕事に欠かせないので、毎日PCを立ち上げていくうちに、ブックマークサイトも徐々に増えていく。もちろん、BLサイトも例外ではなく、今、わたしのマシンの「お気に入り」には、15くらいのweb小説・マンガのサイトが登録されているのだけど、なんと半分が「更新休止中」なのだ。わたしが見つけた時にはすでに休止状態だったところもあれば、通っているうちに休止を宣言したところもある。どうやら管理人の皆さんが家庭...
先日、乙女の町でそそくさと買った「DOG STYLE1」。これが思った以上によくてですね……かなりのお気に入りになってしまった。DOG STYLE (1)本仁 戻 ビブロス 2005-04-09売り上げランキング : 176559おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools不良(ヤンキー)にシメられそうになっていた野良犬少年・テル(高1・168cm)を助けたのは、年上美人・ミキ(高2・182cm)。お互いに好きな男がいるのに、妙に気が合い自然体でつきあえ...
急激に仕事が忙しくなり、日に日に帰宅時間が遅くなっている今日このごろ。忙しくなることは予想していたのだけど、実際に”忙しい”感を実感し始めると、一瞬、ほんのちょっとだけ、やさぐれた気持ちに陥る瞬間が出てくる。出先からの帰り、池袋で乗り換えだとわかったとたん、すぐさま、オトメロードの本屋に行こうと心に決めた自分が、自分ながら笑える。そして中古本を取り扱っているショップに入って、あっという間に5冊手にし...
あちこちで絶賛されている作品は、やはり面白かった。ドアをノックするのは誰?鳩村 衣杏 二見書房 2007-03売り上げランキング : 982おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools大学教授でかなりの遊び人・甲田は、興味本位で美貌のサラリーマン・頼久に交際を申し込むが、すべてを捧げ尽くしてくれる頼久にメロメロに。しかし浮気にも怒らず、むしろ奨めてくれるなど、「三歩下がって、三つ指突いて家を守る」、まるで「妻の鑑...
こんなニュースを見つけて、あちこちリンク先を見ていくうちに、ふと改めて思ったのだけれども――。なんだか男×女を取り扱った男性向けエロ作品のタイトルって、暴力の匂いがするというか、力で相手をモノにするというか、露悪的なまでに下品さを漂わせているというか――そんな気がする。「肉」「恥」「淫」「魔」「姦」「辱」という文字は、定番文字といってもいいんじゃなかろうかと思うぐらい、かなりな割合で目にする。また、「...
13日から昨日まで、社員旅行で沖縄に行っていたのですが、その間に、アンケートの回答数が100件を超えました! みなさま、ご協力、本当にありがとうございます!アンケートは100件を超えましたが、集計数が多い方がより興味深い結果が得られそうなので、このまま、GW終了まで続けていきます。引き続き、ご用とお急ぎでなければご参加お願いいたします。10:00に羽田空港集合だった13日。モノレールに乗ろうとしたとたん、vivian先...
以前、友人chloeと表紙絵について話していた時に、引き合いに出してああだこうだと言っていた本を中古店で見つけ、さっそくゲット。花を撃つ剛 しいら 小笠原 宇紀 大洋図書 2004-11-12売り上げランキング : 367045おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools代々、議員を輩出してきた八十島家の息子・聡一郎は、父である前法務大臣・浩一郎が何者かに銃で狙撃された後、衆議院議員として立候補する。ある日、当選したら聡一郎...
仕事の打ち合わせ後、乗っていた地下鉄の路線が神保町を通ることに気づき、職場に戻る前にウハウハと神保町のオタク系書店に寄って、新作をお買い物してきた。買ったのは、英田サキさんの新作「夜に咲き誇る」、リブレのサイトを見て興味がわいた「セルナンバー8」、リンク先のブログで大評判の「ドアをノックするのは誰?」。多分どれも、いずれレビューをアップすることになるんじゃないかと思われる雰囲気。ともかく、目的のも...
「ヤッターマン」が実写化されるそうですね。懐かしいなぁ、ヤッターマン。このニュースを最初に見たのは、Yahoo!ニュースだったのだけど、ニュース関連のリンク先として、「過去のタイムボカンシリーズ」の、それぞれの作品紹介ページへリンクが貼られていた。「タイムボカン」→「ヤッターマン」→「ゼンダマン」→「オタスケマン」→「ヤットデタマン」→「逆転!イッパツマン」→「イタダキマン」→「怪盗きらめきマン」以上この順番...
「マンガエロティクスf vol.44」で、よしながふみさんと三浦しをんさんの対談が掲載されていると、ようこさんのブログで知り、早速チェックしてみた。マンガ・エロティクス・エフ vol.44 (44)太田出版 2007-03-05売り上げランキング : 3835Amazonで詳しく見る by G-Tools「よしながふみ×三浦しをん 私たちのマンガ道」が、その対談のタイトル。三浦しをんさんは、BLマンガについてのエッセー「シュミじゃないんだ」を出版するなど...
アンケート回答数は、現在、50件を超え、60件に届きそう…という状況です。みなさま、ありがとうございます! この調子でいけば、GW明けまでには100件以上集められるのではないかと。まだご参加いただいていない方、参加を迷っていらっしゃる方、熱烈歓迎でお待ちしております。ところで、現在の状況から途中経過をお伝えすると――■アンケート回答者の年齢は30代以上多し現在のところ、回答者の年齢でもっとも多いのが、36~40歳。次...
アンケートへのご協力、みなさんありがとうございます! おかげさまで続々集まっております。自由解答欄のコメントが、どれも興味深いです。結果発表できる日が、今から楽しみです。まだご参加いただいていない方は、ぜひご参加ください。そうそう、このアンケート、性別はこだわっていません。なので、BLが好きだという男性の方のご参加も歓迎しております。あちこちのブログで取り上げられているけど、リーフと雄飛が倒産したら...
先日、ちらりと予告していましたが、30代でBLにハマる背景を、本当に簡単にかつ軽く探ってみるアンケートを設置しました。題して、BLにハマる背景を探ってみよう(※特に30代以上)ベタですみません……。アンケートはプロフィールのところからもリンクしています。「30代でBLにハマる背景には、共通の何かがあるのでは?」と、3/31の記事のコメントで盛り上がりましたが、もとさん、乱菊さん、ようこさんのコメントをほとんど流用さ...
時々覗いているヲタサイトで紹介されていたので手にした本なのだけど――動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会東 浩紀 講談社 2001-11売り上げランキング : 11928おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsあちこちで行われる哲学的考察や、初めて知るアニメやゲーム作品からの引用などに戸惑い、なんだか思っていた以上に読むのに手こずったのだった。全般的に取り上げられている作品は男性オタク向けのものだとはい...
治ったかと思えばまたぶり返し…と、すっかりカゼに振り回されているわたしですが、さて、とうとう、買ってしまった「Charade 5月号」。「許可証」シリーズの最新作が掲載されていたから…というよりも、前回レビューをアップした、小林典雅さんの作品が掲載されていることに惹きつけられてしまったのだった。初めて買った雑誌だわ…。3/31の記事のコメントで、30代でBLにハマった経緯というか理由というかについて、ちょっと盛り上...
読み終わったとたん、「面白かった!」とめちゃくちゃ満たされた気分になった本が幸運にも2冊続き、しかも偶然にもどちらもラブコメだった。シリアスで複雑な作品の、好奇心や感動を刺激する「面白さ」もいいけど、純粋にゲラゲラ笑える「面白さ」も捨てがたいですよね。棒投げ橋で待ってて小林 典雅 柚名 ハルヒ 二見書房 2004-11-27売り上げランキング : 172338おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools小児科病棟勤務の堅...