28,2007 ダイレクトでエロくて、笑える感じ READ MORE

 27,2007 料理上手は床上手というけれど/美味いもん食わせろ!、夜情にゆだねて、我が儘な食卓 READ MORE

 25,2007 ギャルソンエプロンにクラリ READ MORE

 22,2007 挿絵の数と内容 READ MORE

 20,2007 ノベライズの謎 READ MORE

 19,2007 女同士のキラキラ感 READ MORE

 17,2007 戦隊ものノスタルジー READ MORE

 15,2007 モニターかぶりつき READ MORE

 14,2007 ギャグなのが意外で新鮮 READ MORE

 13,2007 木原さんの昔の作品 READ MORE

 12,2007 表紙絵はモヤっと系? READ MORE

 11,2007 初めての買取 READ MORE

 09,2007 近づいてはいけない READ MORE

 08,2007 挿絵の苦労 READ MORE

 07,2007 総ホモ展開での妄想の余地 READ MORE

 06,2007 どこもかしこもbusy READ MORE

 04,2007 キンキーブーツ READ MORE

 03,2007 マンガの波 READ MORE

 01,2007 今月の表紙買い2/世界の果てで待っていて、天国へ行けばいい、Punch↑ READ MORE

仕事帰り、大きな書店に寄ってきた。はい、「交渉人は黙らない」「DEADHEAT DEADLOCK 2」「RULES 2」を買うためです。一気に買おうと、仕事も前倒したもん。また1件、急ぎの仕事が入ったけども。あいかわらず、いろいろな本があるなぁ…と思いながら新刊コーナーを見ていたら、偶然、目の前にあった本の文字が飛び込んできた。「性感帯特集」(リブレ出版)――これ、たしか初めて見たのは、もっと前だと思うんだけど――見た時には、こ...
週末の島旅行に、思った以上に疲れて、昨日は一日中ボンヤリしてしまった。そういうわけで、タイムラグがあるけど、本日も島旅行にからめて記事をアップ。旅行で楽しみなもののひとつは食事だけれど、週末の島旅行の食事も、おじと料理長が学生時代の同級生らしく、サービスしてくれたとかで、えらく豪華なものだった。料理人が主人公のBL作品はいくつかあるけど、大抵、彼らはすごく才能のある料理人で、しかもおまけに床上手なん...
週末、親戚が集まってのイベントに参加してきたのだけど、イベントが行われた場所というのが、瀬戸内の小島だった。「島に船で行く」なんて、ひょっとして10年以上ぶりかもしれない。瀬戸大橋ができてからというもの、島によっては車で行けるし、島は島でも、南西諸島や伊豆諸島など外海にある島への交通手段は飛行機だもんね。ま、小笠原諸島は船で1日以上かかりますけど。そういうわけで、このイベント中、作業服姿のフェリーの...
前回の記事にいただいたコメントで、小説とマンガ、それぞれの得意な表現方法・分野――というような話題で盛り上がったのだが、ふと、BL小説の挿絵で、キスやエッチシーン以外に、「これは挿絵がなきゃねー」と思われる、「ここぞ!という時の挿絵頼み」な挿絵って、どんなものがあるのだろうか?――と思った。たとえば「見つめあってるシーン」とかね。挿絵があることで、よりイメージしやすくなったと思われる挿絵だ。――だが、ちょ...
仕事の打ち合わせの帰りに立ち寄ったBOOK OFF。ちょっと大きめの店舗だったので、回遊魚のようにぐるぐる店内をまわっていて、ふとある新書に気がついた。それは、ハーレクイン作品と、BL作品の間に並んでいたのだけど――。ハガレンのノベライズだった。ハガレン、人気だもんねぇ……ノベライズまでされてるのかぁ……と、手にとってパラパラとめくり、棚に戻してまた気がついた。テニプリも、ヒカ碁も、ワンピも、なんだかあれもこれも...
百合モノへのトライは、今も細々と実行中。マンガはちょっと置いておいて、小説はどうなんだろうと、いろいろ調べてみた。代表的なのは「マリア様がみてる」のようだが、「女子校・ミッション系・お姉さま&妹」という、もうなんだか、古典的ともいえそうな背景に、ちょっと足踏みしていたら、vivian先輩が言ったのだった。「『マリみて』ってさ、『丘ミキ』に似てると思うんだよね」丘ミキ――「丘の家のミッキー」ですね!? ああ、...
昨日は仕事の打ち上げ・内輪編にて、vivian先輩と同僚Tとでシャンパンをガブ飲みしてきた(いや、ただシャンパンを含め飲み放題だっただけ…)。最初は仕事の話をちらほらしていたのだが、そのうち、なぜか子ども時代に見た戦隊モノの話になだれ込んでしまった。きっかけは、今となってはもはや思い出せないけれど、デンジマンだったと思う。「デンジマンって、けっこうカッコよかったのよねー」「歌はわたし、今でも歌えるよ」と、...
今、わたしの目はヤバいことになっている。昨日、軽い気持ちで読み始めたネットの小説から目が離せなくなってしまったのだ。その小説のタイトルは「百万本の薔薇よりも」(「lover's concert」で検索してみてください)。この作品、本当はかなり以前から知っていたのだけど、本編だけで188話あるという大作っぷりに腰が引けていたのと、主要キャラが広島ヤクザというところに気持ちが引いていたのだった。いや、別に今さらもういい...
miriam先輩に借りたシリーズ第2弾。タカムラ同人誌。それも、羽海野チカさんと神楽坂はん子さんの同人誌ですよ!左半分が羽海野さん、右半分が神楽坂さんのもの。読んで感心したのだけど、どちらも、けっこう文字量が多い。作品中に、というよりは、作品外で、タカムラ作品への思いが熱く語られているのだ。おまけにどちらも、原作のワンシーンやキャラそのものを茶化して、ギャグっぽくまとめているのが意外で面白かった。いや、...
好きなんだけど、個人的に、読む時には覚悟が必要な木原音瀬作品。何の覚悟かって? それは、●キャラを取り囲む状況は、甘くないどころか、非常にシビア●主要キャラの気持ちは報われないこと多々あり●苦い結末の可能性大という、読み始めたら止まらないけど、読み終わった時に苦い感情が待っていてもいいのね!?――という覚悟だ。miriam先輩から借りた、ちょっと昔の木原さん作品。左からWEEDエリート医師・若宮は、同僚で悪友の谷脇...
昨日、「lucindaのブログのおかげでBLマンガをいっぱい買っちゃったよ!」とメールを送ってきた友人chloeとメッセンジャーで話をした。このブログのおかげで…と言っていたので、一体何を買ったんだろうと思って聞いてみたら「純情ロマンチカとー、恋する暴君とー…」――全然、このブログで取り上げてないですよ、chloe? いや、リンク先では取り上げられているけれども。「今回いろいろ買って、どうやらわたしは、ヘタレ攻め・強気受...
友人と映画を見ることになってトコトコお出かけしたのだけど、お出かけ先には、先日、miriam先輩が買取で高評価したB店があることがわかり、急遽、手持ちのBL本の一部を持ち込んでみよう……と思いついた。わたしが持ち込んだのは、同人誌4冊、商業誌6冊。商業誌は、最近発売されたものを入れてみた。紙袋いっぱいとか、箱ごととか、豪快に持ち込んでいる人たちがいる中で、「持ってきていただいたものは、これで全部ですか?」と聞...
久しぶりに、vivian先輩とわりとゆっくり話をした時のこと。「仕事から帰ってさー、深夜、ザッピングしてたの。で、深夜にアニメやってる時あるじゃない? それをぼんやり見てたら、ディーグレをやっててね……」そこでvivian先輩は、ほうっとため息をついた。「もう『神田ユウ』ってキャラに一目ボレしちゃってさー!! ヤバいんだよ。彼を見た瞬間、言っちゃったもん。『はいっ!受け認定!!』って。ツンデレのツボをググッと押し...
BL小説の人気や楽しさを支えているものの一つが、挿絵であることは間違いないと思うのだけど、挿絵の苦労話とか、あんまり聞く機会がない、ような気がする。しかし、もとさんから教えていただいた、イラストレーターの小山宗祐さんのHP「■GOD■」には、そんな苦労話がちょこちょこ載っていて面白いのだ(小山さんのHPは「小山宗祐 GOD」で検索してみてください)。もとさん、いつもいつもありがとうございます!小山さんは、このた...
「アタシ倫」で、miriam先輩は、「登場人物全員ゲイはアウト」だと言っていた。でも、どうしてダメなの? もともとBL作品は、男同士のアレコレだしファンタジーなんだから、登場人物全員がゲイというのも、ひとつのファンタジーじゃないの?そんな疑問を先日の合宿でぶつけたら、miriam先輩とvivian先輩は、口を揃えてこう言ったのだった。「登場人物全員ゲイって、現実にありえないでしょ」――たしかに。周りの男が全員がゲイとい...
FC2のサーバー不調、復旧したようですね。まったくログインできなかった5日の夜だけど、それならお買い物でもしようかなぁ…と、書店サイトに行ってみた。先日買った、鹿乃しうこさんの「大人気」がとてもよかったので、その前編の「可愛気」を買おうっと、と検索したら。なんと前日まで「当日発送」だったフラグが、いつの間にか「1~3週間」または「3~5週間で発送」に変わっていたのだ。Amazonも、bk1も、7&Yも、どこも同じ状況...
キンキーブーツジョエル・エドガートン ジュリアン・ジャロルド キウェテル・イジョフォー ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2007-02-23売り上げランキング : 467おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsイギリス・ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子・チャーリーは、突然の父親の死を契機に、社長に就任することになる。しかし、実はこの靴工場、倒産寸前だったのだ。リストラ敢行、山積在庫の処分など...
定期的な周期などではないけど、自分の中で、「マンガが読みたい気分の波」が高まる時と、「小説が読みたい気分の波」が高まる時とがある。気分の程度は、「ものっすごく」か「どっちかっていうと」か、これまた一定していないのだけど。ここしばらく、「マンガの波」が押し寄せていて、気がついたら、けっこういろいろ読んでいるなぁとわれながらちょっと感心。その中から印象的だったものをピックアップ。公使閣下の秘密外交新田...
今週のマガジン。タイチョーの登場、あまりにもカッコよすぎないか――と思いつつ、立ち読みでニヤニヤ笑っていたのは、このわたしです。ほかのお客様、不気味ですみません。2月に入ったとたん「今月の表紙買い」というのは、気が早すぎる感じで、正確にいえば、「これまでの表紙買い」といったところ。でもこのまま突っ走ります。世界の果てで待っていて ~天使の傷痕~高遠 琉加 雪舟薫 大洋図書 2005-09-10売り上げランキング :...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。