26,2006 ネットさまさま READ MORE

 25,2006 モーリス READ MORE

 24,2006 やっぱり感情、なのかな READ MORE

 22,2006 そのあたりの英語事情 READ MORE

 19,2006 指定ワードバトン【高村薫】編 READ MORE

 18,2006 チェイシング・エイミー/アメリカのオタクと愛の真理 READ MORE

 16,2006 同じオタクでもあっちの世界 READ MORE

 15,2006 まだイケる READ MORE

 12,2006 薄い本、キター! READ MORE

 11,2006 恋は甘いだけじゃない READ MORE

 10,2006 女子は彼らが、多分好き… READ MORE

 09,2006 同時に同じ感覚 READ MORE

 08,2006 そんなハズは… READ MORE

 07,2006 ノー・オタク、ノー・ライフ READ MORE

 03,2006 藤井沢商店街は賑やかそうだ READ MORE

 01,2006 現実が妄想とシンクロする READ MORE

英田サキの新作「DEAD LOCK」が発売されるということで、これを含めて書籍販売サイトをいろいろ検索し、約6000円分、クリックしてしまった本日早朝。ああ…また買っちゃったよ、バカスカと……木原音瀬とか榎田尤利とか山田ユギとか……。仕事で鬱憤が溜まるって、怖いね……。この話をvivian先輩にすると、「わたしもこの前、クリックしちゃったのよねー、はがれん関連。明日、ココに到着予定」と、笑ってドアを指差した。ココって、職場...
わたしが、たしか高校時代の頃だと思うけど、「イギリス美青年(美少年?)ブーム」があった。友人たちは、とくに「モーリス」に夢中で、「クライブが…」とか「モーリスが…」とか、しばらくはよるとさわるとその話ばかりしていたものだけど、当時から天邪鬼だったわたしは、ずっと見ていなかったのだった。それが。職場近くで、ビデオ大安売りのお店をのぞいたら。「モーリス」が500円くらいで売られていた!どうやらDVDも出まわっ...
週末、立て続けに山田ユギのコミックを立て続けに購入してしまった。山田ユギって、BL小説を読むまでは知らなかったのだけど、彼女が挿絵を担当している作家の皆さんが、「ずっと大ファンだった山田ユギさんに…」「山田ユギさんに挿絵を担当していただけると知って感激…」などと、通常より3割増しくらい熱っぽい献辞を送っているので、この世界では知る人ぞ知る、という存在なんでしょうかね。購入したのはこの4冊。夢を見るヒマも...
どういうわけか、ことごとく仕事の予定が狂って、予想外に差し迫った状況だ。今そこにある危機は、まさに暴発寸前。なんでこんなことになってんのかしらね。………こういう時こそ、やおい・BLですよ。萌えて癒されたい。ああ、こんな風に思うようになるなんてねぇ……感慨深いわ。落ち着かない今日このごろだが、1週間以上ぶりに再会した、アメリカ西海岸旅行帰りのvivian先輩から、おもしろい話を聞いた。サンフランシスコのセレクトシ...
vivian先輩から、指定ワードバトンがまわってきて1ヵ月―。放置していました。だって、答えにくいんだもん「高村薫」。せめて「合田」とか「加納」とか「李歐」とか「日野」とかだったら……先輩ーッ!でも「照柿」文庫版を読み終え、単行本版と読み比べた今、がんばって答えてみます。【Q1:最近思う[高村薫]】「太陽を曳く馬」が新潮で連載開始されましたねー。「照柿」も文庫本化されたし、ちょっとまた高村薫の名前を見る機会が増...
3連休は、ほとんど読書で過ぎていった。しかもほとんどBL。うーん、いいトシしてこんなことでいいのかと、ちらっと思わなくもないけど、やめられない……。癒しよ、癒し。<言い訳がましい読書以外にやった、数少ないことの一つ、ビデオ鑑賞。これはわたしの大好きな作品。チェイシング・エイミー [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-04-04売り上げランキング : 13537Amazonで詳しく見る by G-Tools幼馴染で親友同士のマンガ家・ホ...
「タナトスの子供たち」(中島梓著 ちくま文庫)は、ちまちまとわたしのアンテナをかすっていく箇所がいくつかあったのだが(「やおい作家に長女が多い」のもその一つ)、「レズビアンのやおい作家は極端に少ない」もちらっと引っ掛かっていた(タナトス……長々と引きずってすみません)。そんな言い切っちゃって、ほんとなのかなぁ……。別に確固たる根拠があったわけでもなく、ただ咄嗟に疑問に思っただけなのだが――先日、面白い記...
ものすごい勢いで増えていく本を並べきれない本棚。明らかにキャパシティを超えている。いろいろ考えた末、書籍の収納袋を買ってみた。大体、増殖している本はBL系がほとんどなので、文庫用と新書用のものを買ってみた。どちらも3枚1組900円ちょっと。すっごいスッキリ。枕元に積んであったうっとおしい本もキレイに片付いて、とっても気分爽快。しかも片付けてみれば、文庫・新書とも、それぞれ3枚中1枚だけで片付いてしまった。...
vivian先輩から借りた、「トッ●ュー!」の同人誌。けっこうな数だけど、「選りすぐりだから。春までのだから」ってことらしい。うぉう! ありがとうございます、先輩! 昨日、記事をアップして「HOME」を読み返していたら、昨日のレビューでは物足りない気がしてきた。なんかさらっと流しすぎだな。てか、もっと突っ込んで感想を言いたくなった。ということで、気恥ずかしいので、続きは「続きを読む」で――。...
そんなことを感じさせられる、木原音瀬の小説。とくにこの2冊は、恋の苦しさとか痛さとか苦さとか、なんというか、できることなら味わいたくない感情を思い起こさせられるような。LOOP木原 音瀬 オークラ出版 2003-10売り上げランキング : 2906おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-ToolsHOME木原 音瀬 オークラ出版 2003-05売り上げランキング : 5102おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「LOOP」の痛さ。それは、主...
知り合いのファッションデザイナー主催のファッションショーに行って来た。そのデザイナーと知り合ったのは仕事を通じてなのだけど、物腰の柔らかさ、というかもうほとんど女性っぽい仕草や話し方などから、――うーん、このヒトは他人から、ゲイとかオカマとか思われる確率の高いタイプじゃなかろうか――と思っていた。いや、本人に確かめたわけじゃないので、そのあたりはわたしの勝手な推測なのだ。だから違う可能性はもちろんある...
2週間前、あっけなく「トッ●ュー!」に陥落したわたしだが、鉄は熱いうちに打てとばかりに、先週、vivian&miriam先輩オススメの「トッ●ュー!」二次創作サイトリストがやってきた。いろいろ読んでいて不思議に思うのは――別に「トッ●ュー!」だけに限らないのだけど、カップリングとかキャクターの性格やセリフの傾向が共通していたり、同じ傾向を見せていたりすること。「トッ●ュー!」の場合は、ちなみに、こんな感じ。■カップリ...
ネットをさまよっていたら、偶然、こういうものを見つけた。BL占いほほぅ……これはぜひ、やってみなければなりますまい。というわけで、わたしの結果はコレ。lucindaさんはいつも優しいおっとり系センパイ です● いつも優しいおっとり系センパイさんは、常に高みを目指しているタイプです。自分をより価値のある存在にしていくために、日々の努力を怠りません。リーダーシップを取るのも得意で、いったんグループの中心になったら、...
――miriamさんの言葉。蓋し迷言。もとい、名言。もうすっかり週の後半になってしまったが、月曜日、めんどくさい仕事にメッタ刺しにされていたわたしのもとに、vivian先輩がウキウキした表情でやって来て、言った。「日曜ね、とうとう、miriamと乙女ロードに行ってきちゃった!」乙女ロード……あのウワサの……。でも先輩は、あのあたりは昔から通ってらしたんじゃないんですか?「いや、もう2、3年ぶりぐらいなの。だってほら、一度足...
ゆっくり走ろう榎田 尤利 やまかみ 梨由 徳間書店 2004-08-27売り上げランキング : 31266おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools歯科医の憂鬱榎田 尤利 高久 尚子 徳間書店 2005-08-28売り上げランキング : 4036おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsギャルソンの躾け方榎田 尤利 宮本 佳野 徳間書店 2006-08-26売り上げランキング : 457おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools東京のどこかにある商店街、藤...
先日のブログで、「ゴールデン・パターン一辺倒ならここまでハマってない」と書いたけど、逆に、現在、なにがなんでもゴールデン・パターンにこだわって書(描)いている人がいるとすれば、それは「型」を美学ととらえ、重んじる伝統芸能や技術の継承の気持ちに、ちょっと似ているのかもしれない――そんなことを、ふと思った。(注:「ゴールデン・パターン」とは、まず受けが1回イッて、というかイカされて、攻めがイク、というも...